農機・資材 ニュース詳細

2019.09.18 
土に還る画期的なマルチフィルム トマト栽培に貢献 BASF 一覧へ

 農作物の生育を向上し、環境負荷を低らすことから、いまや農作物の健全な生産に欠かせないマルチフィルム。独BASF社が提供するマルチの素材「ecovio(R)M2351」は、使用後に土へ還る土壌生分解性プラスチックだ。土壌改良や収穫量の増加、味の向上など世界のトマト栽培に貢献している。

BASFの土壌生分解性プラスチッ 「ecovio(R)M2351」 で作ったマルチフィルムは、土壌中に存在する微生物が、代謝可能な食物としてフィルムの構造を認識するため、収穫後に土壌に鋤き込めるのが特長。一般的なマルチのように、収穫後に回収する必要がないため、労働力とコスト削減につながる。
 また、マルチを使わない農法と比較すると、「ecovio(R)M2351」のマルチフィルムを使った場合、トマトの収穫量は15~50%増加し、水の消費量も低減。除草剤を減らしながら雑草を抑制させることができる。
 さらに、真菌病(菌類病)に対する作物の抵抗性が高く、収穫時期が早まるほか、品質が安定し、トマトの糖水比を示すBrix値(糖度)が高くなるという。
 「ecovio(R) M2351」は、EUの統一規格に則り、土壌生分解性であると認証された最初の素材。2012年に市場に導入され、多くの国で有機農作物の栽培に使われている。
 国連食糧農業機関によると、2050年に90億人と増加が予想される世界の人口を養うには、世界の農業生産を70%成長させる必要があるとしている。BASFの農業向けバイオポリマーマーケティング部門のディルク・シュテルケ氏は、「生分解性マルチフィルムは、非分解性フィルムのように土壌を汚染することなく、この課題に貢献できる」とコメントしている。

(写真)BASFの土壌生分解性プラスチック「ecovio(R) M2351」

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ