農機・資材 ニュース詳細

2019.11.29 
トルコギキョウ品種開発で農水大臣賞受賞 サカタのタネと佐瀬農園一覧へ

 サカタのタネ(横浜市)と佐瀬農園(千葉県東金市)は、日持ちと輸送性に優れたトルコギキョウの品種を開発した功績により、令和元年度(第20回)民間部門農林水産研究開発功績者表彰で農林水産大臣賞と園芸研究功労賞を受賞した。

左は無花粉タイプ八重咲き品種、中央上は無花粉タイプ一重咲き品種「ソロPFピンクピコティー」、同下は変形雌ずいタイプ「アンバーダブルホップ」。右上は正常な雌ずい(左)と変形雌ずい(右)、右下は無花粉タイプ一重咲き品種(左)と従来品種(右)左は無花粉タイプ八重咲き品種、中央上は無花粉タイプ一重咲き品種「ソロPFピンクピコティー」、同下は変形雌ずいタイプ「アンバーダブルホップ」。右上は正常な雌ずい(左)と変形雌ずい(右)、右下は無花粉タイプ一重咲き品種(左)と従来品種(右)


 今回認められた業績は「日持ちと輸送性に優れたトルコギキョウ品種の開発」。両社は共同で、変形雌ずいを持つ多様なトルコギキョウ、また世界初となる雄性不稔を利用した花粉の出ないトルコギキョウを開発した。夏の高温期など日持ちが悪くなる季節でも、切り花を長く楽しめるようになり、トルコギキョウの切り花生産・消費拡大への寄与と、農産物の輸出促進に貢献したことが評価された。
 ウェディングブーケなど華やかなフラワーアレンジで人気のトルコギキョウの種子は、同社が世界シェアの約70%を占める。1970年代に開発を始め、1981年に世界初のF1トルコギキョウを開発するなど多くの画期的な品種を開発してきた。
 花は一般的に、雌しべの先に花粉が付着すると老化が進んで観賞期間が減るが、佐瀬氏との共同開発によって生まれた変形雌ずいの「アンバーダブル」シリーズなど、同社が開発した無花粉タイプの八重咲き品種や、無花粉タイプ一重咲きの「ソロ」シリーズは、いずれも花が受粉しにくい構造で花持ちに優れ、長時間の輸送にも耐える。
 同表彰は平成12年度から始まり、農林水産省と(公社)農林水産・食品産業技術振興協会が、農林水産業その他関連産業に関する研究開発のうち、民間が主体となっているものについて、顕著な功績・功労のあった個人または団体を対象に表彰している。

表彰を受けたサカタのタネ主任研究員の堀内慎吾氏ほか

左から表彰を受けたサカタのタネ掛川総合研究センター主任研究員の堀内慎吾氏、同三郷試験場主任研究員の森一俊氏、佐瀬農園代表の佐瀬昇氏、サカタのタネ三郷試験場研究員の西尾章氏

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ