農機・資材 ニュース詳細

2020.03.19 
自動飛行対応 農業用ドローン発売 ヤマハ発動機一覧へ

 ヤマハ発動機は、自動飛行が可能な農業用ドローン「YMR-08AP」を3月に発売する。

YMR-08AP本体と自動散布を可能とする機材構成

 「YMR-08AP」は、自動散布による省力化と、専用ソフト「agFMS」による簡単なルート作成を通じた効率化、高精度ルート追従による作業性向上など、自動機ならではの機能と性能を備えている。

 2019年3月に発売した「YMR-08」と同様、1回のフライトで1haの連続散布が可能で、同社産業用無人ヘリコプターに匹敵する高い散布品質を実現する。

 また、液剤散布装置の散布幅を4mから5mに、自動機本体の速度と連動する散布速度を15km/hから20km/hに変更することで散布性能を向上させた。粒剤散布装置の取り付けも可能。内部ローラーを交換することで幅広い適用剤を散布できる。

 さらに、「YMR-08AP」の発売とあわせ、対象バッテリーのレンタルサービスを開始し、バッテリーの保管場所や保管管理の煩雑さを解消する。これにより、一年に一回の品質チェックとメンテナンスに合格したバッテリーは、シーズンを通して、その性能をフルに発揮することができる。

 希望小売価格は、206万2500円(税込)。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ