Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

太陽電池搭載の農業用ソーラーハウスを千葉県に建設 チェンジ・ザ・ワールド2020年7月1日

一覧へ

農業とエネルギーを融合させたソーラーシェアリング事業などを手がける(株)チェンジ・ザ・ワールドは、耕作放棄地の解消と農業の経営安定へ向けたソリューションとして、太陽光発電システム搭載の次世代農業用ソーラーハウスを千葉県睦沢町に建設している。
近日中に完成予定で、今後は町の観光施設として開発を進めながら、全国の農家や農業法人に販売していく。

千葉県睦沢町に建設中のソーラーハウス千葉県睦沢町に建設中のソーラーハウス

次世代農業用ソーラーハウスは、屋根に太陽光パネルを取り付けた農業用ビニールハウス。ソーラーハウス内の温度管理装置など、ハウスで必要な電力を太陽光パネルの発電電力で運用でき、通年で安定した農作物の生産が可能となる。

ハウスの構造材に太陽光架台を使用するため、通常の農業用ビニールハウスと比べ耐久性にも優れる。また、ハウス内の栽培管理など営農プロセスを自動化し、安定した農業経営を実現する。

千葉県睦沢町のソーラーハウスは高さ2.1m、間口3.6m、奥行き50mで、ソーラーハウス上部には36枚の太陽光パネルを設置。完成後順次大玉トマトの作付けを行うほか、将来的には作業場・直売所・ジューススタンドなどを設置し、観光農園としても運営していく。

次世代農業用ソーラーハウスは、耕作放棄地問題の解消と農業の安定した経営を実現を目指す。

耕作放棄地は年々増え続け、農水省調査では平成27年で42.3万haに拡大しており、同社は農業収益の不安定性と耕作放棄地問題を一体としてとらえ、同社のITノウハウで2つの課題にアプローチしていく。

最新の記事

シンジェンタSP210720-

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る