Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
BASFヘッドSP:ゴーゴーサン
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

台木トマトの主力品種へ「グランシールド」の種子発売 サカタのタネ2020年9月16日

一覧へ

サカタのタネは、台木トマトの新品種「グランシールド」の種子を営利生産者向けに来年1月に発売。青枯病、褐色根腐病に強度の耐病性があり、かいよう病耐病性も併せ持っており、栽培後半まで草勢を維持できる。

「グランシールド」の種子発売

トマトにおいて台木を使用する主な理由は、高温期に問題となる青枯病や、低温期に問題となる褐色根腐病への耐病性付与、草勢を維持するためのスタミナ向上のため。近年は栽培の長期化などで、低温期、高温期どちらも栽培期間に入ることから両病害への複合耐病性が重要となり、同時に長期収穫や厳しい気候に耐えられる強い草勢も求められる傾向にある。

従来の青枯病に強い品種の草勢はおとなしい傾向にあるが、「グランシールド」は、同社台木トマトの中でもトップクラスの青枯病耐病性を持ち、後半まで草勢を維持できるスタミナも兼ね備えている。さらに、褐色根腐病に対しても強度の耐病性、かいよう病への耐病性もある。

耐病性とスタミナを両立した「グランシールド」は、猛暑などの気候変動や全国的な病害の広がりでトマト生産は難しさを増す中、生産現場の課題解決につながることが期待される。同社は今後、台木品種の中核として積極的に拡販していく。

台木トマト「グランシールド」の種子の希望小売価格は、プライマックス種子1袋1000粒入りで1万3900円。3年後の販売目標は1億円。
全国のJA、種苗店を通じて1月上旬から発売する。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る