想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

アトラックラボと技術提携 CTOに伊豆智幸氏就任 銀座農園2020年10月5日

一覧へ

農業ロボットの「FARBOT」の銀座農園(株)は10月1日、(株)アトラックラボと技術提携を行い、同社の伊豆智幸氏が銀座農園の最高技術責任者(CTO)に就任。一次産業分野における車両ロボット(AGV/UGV)の開発を強化する。

CTOに就任した伊豆智幸氏CTOに就任した伊豆智幸氏

銀座農園は、「テクノロジーで農業の未来を豊かにする」というビジョンを掲げ、イノベーションと先端テクノロジーでスマート農業のトップベンチャーをめざしている。

同社が開発した農業ロボット「FARBOT」は、様々なプロジェクトに参画しており、最近ではNTT東日本グループとのローカル5Gロボットの開発・運用や、四国電力とのスマート農業ロボットの共同研究・開発など、社会インフラ企業との技術連携に取り組んでいる。また、JAXAが進める月面農場プロジェクトでのロボット食糧生産システムでの参画や、国土交通省スマートシティプロジェクトへのスマート農業分野の参画など、農業の枠を超えた新たなロボット開発にも取り組んでいる。

現在は、国内外のエンジニア8人で開発を進めているが、増員の必要性から今期はエンジニア数を2倍以上にすることを計画。こうした状況の中、同社のエンジニアリングを統括できるロボット分野に深い知見を持つ最高技術責任者を配置することが課題だった。

伊豆氏は、国産ドローンのパイオニア、(株)エンルートを創業。現在、アトラックラボ代表取締役で、AI・無人機・ロボットアームを中心に、総合的なソリューション提供を行っている。

伊豆氏のCTO就任に伴い、同社は一次産業分野における車両ロボット(AGV/UGV)開発を加速し、誰もが満足できるプロダクトを創ることで、農業の未来が豊かになる社会をめざす。

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る