想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドPS:大豆剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

誰でもできるスマート農業 自動灌水制御装置「スマート君」販売開始2020年10月14日

一覧へ

最新の情報通信やIoT技術を活かす農業クラウドサービス会社(株)アグリスマートは10月14日、オールインワン可搬移動型の畑地灌漑用自動灌水制御装置「スマート君」の販売を開始した。

システムの構成システムの構成

「スマート君」は、太陽光発電機能、クラウドサービスに繋がるための無線通信機能、土壌の乾燥度を測るセンサー、および灌水経路を開閉する電磁弁をコンパクトにオールインワンにした装置。「誰でもできるスマート農業」を実現するために開発された。商用電源のないほ場で、畑地灌漑の水源と繋ぎ、土壌の乾燥度に応じで灌水を遠隔から自動制御でき、営農の省力化を図ることができる。

「スマート君」が繋がる「アグリスマート学習型自動灌水制御システム(アグリスマートAI)」は、ほ場の観測データから作物に最適な潅水量を決めて、遠隔から灌水時間を自動制御するクラウドサービス。クラウドと繋がるゲートウェイをほ場に置き、ほ場に配置される「スマート君」や観測専用センサー「センサーベース」との間を無線で接続する。全てスマホやタブレット、PCで操作でき、誰でも使えるクラウドサービスとなる。

現在、宮崎県都城市の太陽ファームで行われている農研機構の「スマート農業技術の開発・実証プロジェクト」でアグリスマートAIシステムが使われており、利用者からの「誰でもが簡単に設置でき、さらに一人でも軽トラに積んで移動できる灌水装置がほしい」という要望を受けて開発された。

なお、10月14日開幕の「農業Week」(千葉県幕張メッセ)で、(株)サンホープのブースで参考展示される。製品は、2021年1月から出荷の予定。

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る