想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

日本初、第一次産業に特化した人材支援アプリ「YUIME」発表2020年10月14日

一覧へ

農業支援事業を行うYUIME(株)は10月14日、日本初の農業を中心とした第一次産業に特化した人材支援アプリ「YUIME(ゆいめ)」を発表。同アプリは年内の公開を予定しており、特設サイトで事前登録を開始した。

日本初、第一次産業に特化した人材支援アプリ「YUIME」発表

「YUIME」は、日本の第一次産業の慢性的な人材不足を解消するため、産地間連携を基軸に作られたYUIME独自の農業人材支援体制だからこそ実現する短期・長期を問わない人材派遣の申込みができるアプリ。新規就農者を含むすべての生産者の問題点と向き合い、支援セミナー告知や専門家によるコラム、現場からのリアルな声を届けるオリジナルコンテンツも発信する。また、事業者の抱える大きな問題である繁忙期の人材不足という直接的で限定的な応募に応え、人材支援を行う。

10月14日に千葉・幕張メッセで開幕した「第10回農業Week」の展示ブースでもアプリ公開前の事前登録が可能。また、同イベントの会期中には、アプリ発表記念としてYUIMEブースで、同アプリに掲載する記事の公開取材を行い、「人材」というテーマに沿って今の農業の課題やこれからについて話してもらう。

初日の14日は、農林水産省の横田美香氏、日本農業新聞の岡部孝典氏がこれからの日本の大きな課題である「人手不足」について、同社代表の上野耕平氏も交えて取材。また、2日目の15日は、同社の特定技能人材で今回、初めて現場のリーダーへと昇進するカンボジア出身のチャンナラー氏と、「コンビニ外国人」などの著書があるライターの芹澤健介氏との対談を実施。あまり知られていない特定技能の強みや、可能性など現場の声を掘り下げる。

その他、すでに同社の人材支援サービスを利用している大規模農家の和田農園や稲畑産業の担当者が登壇し、人材に関わる農業の課題点やこれからについて対談する。

最新の記事

ケツト科学研究所:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る