想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

2025年に57億米ドルに到達 農業用ドローン市場規模予測2020年10月19日

一覧へ

グローバルインフォメーションは10月16日、市場調査レポート「農業用ドローンの世界市場:用途別 (精密農業、家畜モニタリング)・製品/サービス別・農業環境別・農作物別・コンポーネント別・地域別の将来予測と、新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) の影響 (2025年まで)」の販売を開始した。

2025年に57億米ドルに到達 農業用ドローン市場規模予測

調査レポートでは、農業用ドローンの市場規模は、2020年の12億米ドルから2025年には57億米ドルに達し、CAGR35.9%で成長すると予測。市場の成長を牽引する要因は、世界人口の増加による食糧供給への圧力と、農業用ドローン開発のためのベンチャー資金の増加がある。

COVID-19が農業用ドローン市場に与える影響

COVID-19パンデミックは世界的な問題となっており、農業用ドローン市場にも影響を与えている。OEM、サプライヤー、エンドユーザー、流通業者など、バリューチェーンの様々な業界専門家からの情報と、2020年第1四半期の農業用ドローンエコシステムにおける企業の財務リリースから見ると、市場は2019年から2020年の間に減少する可能性がある。COVID-19に対応した政府の施策が、製造業やグローバルなサプライチェーンを混乱させ、農業用ドローン市場に直接的、間接的に大きな影響を与えている。この傾向は今後も続くと予想される。業界および政府の規制が長期化した場合、農業用ドローン製造企業は、製造に使用される特定の原材料や部品を入手できなくなる可能性がある。

一方で、エコシステムの専門家は、市場は2021年以降にペースを取り戻し成長すると考えている。

ソフトウェアとサービス部門は高いCAGRで成長

農業用ドローンのソフトウェアおよびサービス市場は、高いCAGRで成長すると予想。これは、ドローンによって収集された情報をデジタル化するためのソフトウェア、分析を提供する新興企業への投資、および投資家による多額の投資により牽引される。さらに、マッピング、イメージング、データ分析ソフトウェアなどを中心とした技術に需要が集まる。

精密農業部門ではフィールドマッピングが最大のシェア

精密農業部門でフィールドマッピングが最大のシェアを占めると予測。フィールドマッピングは、異なる土壌タイプと管理ゾーンにわたる作物の状態を調べて、作物の健康状態と収穫の可能性を把握するのに役立つ。

最新の記事

ケツト科学研究所:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る