想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

新潟・島見緑地でミニガーデンコンテスト開催 新潟農業・バイオ専門学校2020年10月23日

一覧へ

NSGグループのABio新潟農業・バイオ専門学校は、新潟市北区にある新潟県立島見緑地・聖籠緑地と共同で、「島見緑地ミニガーデンコンテスト」を開催する。

ガーデニング実習に取り組む生徒たちガーデニング実習に取り組む生徒たち

コンテストは、同校の園芸デザイン科で行っている実習授業「ガーデニング実習」の一環として行われる。授業では花や緑で地域の賑わいを創出することを目的に、これまで新潟駅南口バス乗り場付近の花壇整備など、地域の緑化に関わってきた。

コンテストでは学生が4つのグループに分かれ「童話の世界」や「癒しの場」などのコンセプトを設定し、デザインから施工までを行う。10月26日に施工したガーデンは、島見緑地への来園者に楽しんでもらう。また、気に入ったガーデンへの投票も11月末まで実施する。

コロナ禍で自然や外出を楽しむ機会が少なかった今年は、冬の到来を前に、地域で公園やミニガーデンを楽しみ、花や緑に触れる機会を創っていく。作品展示と投票期間は、10月27日~11月末。

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る