想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー・SP・BASF:コテツフロアブル
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

BASFとDMMアグリが鳥獣被害対策で提携 JA全農が販売協力2021年1月20日

一覧へ

BASFジャパンと鳥獣被害対策事業を展開するDMM Agri Innovation(以下、DMMアグリ」は、より効果的な鳥獣被害対策の実現に向け、DMMアグリが提供する「電気柵」とBASFの非選択型除草剤「バスタ液剤」の販売協力を2020年3月から開始。この2つを同時に使うことで、電気柵のメンテナンスの簡便化と管理コスト削減が期待できる。両社はJA全農の販売協力を得て、電気柵周辺の雑草防除に取り組んでおり、今後も販売協力を通じて鳥獣被害対策を強化していく考えだ。

「バスタ液剤」が電気柵に沿って発生した雑草を効果的に防除「バスタ液剤」が電気柵に沿って発生した雑草を効果的に防除

DMMアグリは生産者向けに電気柵を販売し、鳥獣被害対策に関するコンサルティングや専門家のアドバイスを提供している。BASFでは2018年から「バスタ液剤」の販売を開始。同商品は電気柵に沿って発生した雑草に散布すると、電気柵周りの雑草を効果的に防除する。これにより、生産者は電気柵の性能を確保し、電気柵の耐久年数を延ばすことができる。「バスタ液剤」を活用し、こまめにメンテナンスすることで、生産者の管理コスト削減にもつながるとしている。

また両社は、JA全農の販売協力のもと、全国で電気柵周辺の雑草防除に取り組んでおり、これまで千葉県や茨城県で導入実績を増やしている。

日本農業の課題である中山間地での鳥獣被害は年々深刻さを増しており、農水省の調査によると、野生動物による作物への被害額は年間約158億円に上り、耕作放棄地の増加や生産者の農業意欲の低下を引き起こしているとされる。両社は今後もJA全農の販売協力を通じ、より多くの生産者に最適な鳥獣被害対策を提供していくとしている。

最新の記事

シンジェンタミラビスフロアブル:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る