Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

ねこ車電動化キット「E-Cat kit」全国展開へ 関西農業Weekに出展 CuboRex2021年2月19日

一覧へ

雪上や農地など悪路で利用できる小型移動機器を製造・販売する(株)CuboRexは、和歌山県のJAありだを通じて組合員に販売している、ねこ車(手押し一輪車)電動化キット「E-Cat kit(イーキャットキット)」の全国展開に向け、2月24日にインテックス大阪で開幕する農業総合展「第4回関西農業week」に出展する。

ねこ車電動化キット「E-Cat kit」全国展開へ 関西農業Weekに出展 CuboRexE-Cat kit装着ねこ車

同社は、JAグループ全国8連が共同で設立したイノベーションラボ「AgVenture Lab」が主催するJAアクセラレーターの第二期に採択を受け、JAグループの支援のもと農業用不整地走行システムの用途展開、全国展開をめざしている。

同社は、ハードウェアベンチャーとしては初めて、JAと直接取引しており、みかんの一大産地にあるJAありだとの取引では、「E-Cat」を2020年10月1日から供給し組合員に販売。1月末時点で和歌山県内での販売台数が100台を突破し、NHKの情報番組「突撃!カネオくん」で紹介されるなど話題の商品となっている。

「Ecat」は、農家や土木事業者が利用する手押し一輪車を電動化できるキットで、農作業における運搬作業を普段利用している猫車を利用してより迅速に軽労化できる。柑橘や梅などの栽培農家を中心に傾斜地や段畑などの移動条件が悪い場所で肥料や土、収穫物の運搬で利用され、「運搬作業が楽になった」「運搬作業が速くなった」「自分が必要としていた機器を実現できた」など喜びの声が届いている。

「関西農業week」では、「E-Cat」と併せて農業での需要を見込むクローラーモジュール「CuGo」やE-catとセットで効果を最大限発揮する狩猟ツール「ハンター×ハンガー」も展示する。

なお、同社では、不整地のパイオニアを共に目指す仲間を全職種で募集している。

【ねこ車電動化キット E-cat kit】

【求人募集】

最新の記事

シンジェンタミラビスフロアブル:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る