Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMC(SP)トップバナー
ベリマークSC:FMC(PC)センター
JA全中中央SP

画像認識AIによる牛の分娩検知システム「牛わか」7月に発売2021年4月14日

一覧へ

ノーリツプレシジョン(株)は、北里大学獣医学部と共同で画像認識AIによる牛の分娩検知システム「牛わか」を開発。直販と販売代理店を通じて7月から販売を開始する。

画像認識AIによる牛の分娩検知システム「牛わか」7月に発売画像認識AIによる牛の分娩検知システム「牛わか」7月に発売

「牛わか」は、牛の分娩前に特徴的な行動変化(分娩兆候)を最新のサーマルカメラとAI技術により非接触で検出し、農家へ通知するシステム。カメラとスマホのみで始められ、設置・導入もしやすく、導入により、農家の負担軽減と分娩事故の低減が期待される。

肉用牛農家にとって、分娩時の死廃事故は、経済的損失や精神的ダメージをもたらす大きな課題。農家は分娩事故を防ぐために、昼夜を問わない分娩監視を強いられており、過重な労働負担が大きな問題となっていることから、同社の介護業界向け予測型見守りシステム「ネオスケア」の技術やノウハウを活かして同製品を開発した。

同システムでは、分娩予定牛を非接触のカメラで監視し、分娩前に特徴的な行動を検出したときに農家のスマートフォンに通知することで、適切な分娩介助を支援。畜産における働き方改革への貢献や分娩事故の低減が期待される。

導入の際は、分娩房に「牛わか」を設置するだけで見守りが開始。生産者が一頭ずつ機器を取り付ける必要がなく、アニマルウェルフェア(動物福祉)に配慮し牛への負担もない。また、サーマル画像をもとに牛の動作、姿勢を分析するため、真っ暗な夜間でも昼間同様に利用できる。

農家の負担軽減・分娩事故の低減農家の負担軽減・分娩事故の低減

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る