Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

農業データ活用プラットフォーム「MotionBoard」活用  高知工科大学2021年4月22日

一覧へ

データエンパワーメント事業などを手がけるウイングアーク1st(株)は4月20日、バイオマス発電とハウス設備の統合管理による、複合型施設園芸を進めている高知工科大学が、IoPを通じた農業データの活用プラットフォームとしてBIダッシュボード「MotionBoard」を導入し、ダッシュボード画面を農家向けに開発したことを発表した。

高知工科大学が「MotionBoard」上で開発したダッシュボード画面高知工科大学が「MotionBoard」上で開発したダッシュボード画面

2018年に始動した「IoPが導くNext次世代型施設園芸農業への進化プロジェクト」で、高知工科大学は、農家の収益最大化を大きな目標として、バイオマス発電やIoPを支える統合管理システムの構築に着手。その中で、ハウス内のCO2濃度、温度、湿度、日射などの環境データをリアルタイムに管理することや、ITの専門家ではない農家が簡単にデータを分析・活用することが課題となっていた。

「MotionBoard」は、データを集約・可視化し、アクションにつなげるBIダッシュボードで柔軟性と拡張性に優れている。同大学は、「MotionBoard」を2020年3月に導入し、ハウス内のCO2濃度、温度、湿度、日射など環境データや、バイオマス発電の発電量やハウスに取り込む廃熱量などを可視化するダッシュボードのプロトタイプを開発。これらのデータを総合的に紐づけながら最適に制御することで、農家の収益を最大化し、若者にとって魅力ある農業の実現をめざしている。

プロトタイプは、次世代型施設園芸農業のライフサイクル全体を網羅する統合管理システム。ハウス内の各種環境データを監視・管理し、適切に栽培できるシステムの構築や排熱のハウスへの二次利用、農作物の出荷・栽培にかかる人件費などの経営指標を一気通貫でデータ分析し、可視化する。農家は、状況に応じて主体的にBIダッシュボード画面を制作・更新でき、的確な環境制御により、農家は安定した出荷量を得られ、収益最大化を図ることが可能になる。

最新の記事

シンジェンタSP210720-

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る