Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「ころたん」苗の売り上げでこども食堂を支援 サカタのタネ2021年5月6日

一覧へ

サカタのタネは、ネットメロン「ころたん」苗の売り上げの一部でこども食堂の支援を開始。全国のこども食堂を支援するNPO法人全国こども食堂支援センターむすびえに寄付する。

「ころたん」苗の売り上げでこども食堂を支援 サカタのタネ

こども食堂は子どもの貧困対策、地域交流拠点などのために子どもやその保護者に食事を提供する地域コミュニティ活動。年々活動の輪が広がり、現在は全国で5000か所以上にのぼる。むすびえは、全国のこども食堂の支援や支援したい企業や団体との架け橋などを行う団体で、寄付金は全国のこども食堂の支援に役立てられる。

野菜品種の開発や普及など同社の事業は、農園芸の発展や豊かな食生活へのかかわりが深く、未来を担う子どもたちに栄養バランスのとれた食事を提供するこども食堂の活動とは親和性が高い。また、家庭園芸向けの品種の「ころたん」は、家庭で楽しめるネットメロンとしての存在感と親しみやすい名称から子どもにも人気がある。同社は、発売から今年で10周年を迎える「ころたん」で、末永く子どもたちがメロンに親しめるような施策に取り組む予定。

最新の記事

シンジェンタSP210720-

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る