Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

農業用フィルムの市場規模 2026年に157億米ドル到達予測2021年7月19日

一覧へ

株式会社グローバルインフォメーションは7月15日、市場調査レポート「農業用フィルムの世界市場 (~2026年):タイプ (LLDPE・LDPE・リクレイム・EVA・HDPE)・用途 (温室フィルム (従来型・マクロトンネル)・サイレージフィルム (ストレッチラップ)・マルチフィルム (透明&クリアマルチ))・地域別」(MarketsandMarkets)を発売した。

農業用フィルムの市場規模 2026年に157億米ドル到達予測

農業用フィルムの市場規模は、2021年の115億米ドルから年平均成長率(CAGR)6.5%で成長し、2026年には157億米ドルに達すると予測。市場の成長は、温室用フィルム、マルチフィルム、サイレージなどの用途で農業用フィルムの需要が高まりが要因となっている。各国で農業生産高の増加に注力していることや、酪農産業の需要が増加していることなどが、農業用フィルム市場を牽引している。農業用フィルム市場の主要地域はAPAC(アジア太平洋地域)であり、欧州と北米がこれに続く。

新型コロナウイルスの農業用フィルム市場への影響

新型コロナウイルスの影響による農業活動の鈍化で、農業用フィルムの需要も減少。2020年の農業用フィルムの成長率はマイナスとなったが、産業活動は徐々に回復し、2020年第4四半期末には、多くの産業が政府の定めたガイドラインに沿って活動を始めた。農業用フィルムは、今後プラス成長が見込まれている。

牽引要因:世界的農業生産高の増加

2030年までに、世界人口は85億人に達すると予測。東欧、中央アジア、ラテンアメリカ、その他のアジア諸国では、急速な人口増加に伴い、食料需要が増加すると考えられる。農産物の急激な需要の増加は、管理された農業や、温室、マルチング、サイレージなどの技術により達成されまる。

農業用フィルムは、土壌侵食の最小化、栄養分の供給、地温の上昇、雑草の成長の抑制など、作物の品質を向上させ、農業生産性を高めるのに役立つため、農業生産量を増加する必要性が、農業用フィルムの需要を促進する役割を果たしている。

抑制要因:プラスチックの環境への悪影響

プラスチックは、効率性、安全性、低コストなどの特徴があり、農業分野で多く使用されているが、その反面、地球温暖化や汚染の原因にもなっている。ほとんどの農家では、プラスチック素材を適切に廃棄していない。プラスチックフィルムの不適切な廃棄は、水路を詰まらせたり、機器に絡みついたり、家畜や野生動物に危険をもたらす。また、プラスチックは燃焼時にダイオキシンや重金属、粒子状物質を放出し、大気汚染の原因となるほか、植物の光合成を妨げる。欧州や北米の政府は、これらの懸念からプラスチックの使用を禁止しており、各国政府は、農業における分解可能なプラスチックの使用を促進する取り組みを行っている。

市場機会:先進国地域での生分解性フィルムの使用増加

北米や欧州など先進国地域では、政府によるプラスチックの使用に関する多くの規制が設けられている。環境問題への関心の高まりは、農業用フィルムにおけるプラスチックの使用に懸念を与えているため、これらの地域では、生分解性フィルムの需要が増加すると予想される。市場では、リサイクル可能なプラスチックや生分解性プラスチックが好まれる傾向にある。生分解性フィルムは廃棄コストを削減できるため、市場の拡大が見込まれています。生分解性フィルムは、資源を節約し、汚染を減少させ、同時に、持続可能性を促進し、土壌汚染を低減することができる。

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る