Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

スマート農業市場 2026年までに14%以上のCAGRで成長予測2021年8月2日

一覧へ

Report Oceanは、スマート農業に関する最新レポート「スマート農業市場、[コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)]、[アプリケーション別(精密農業、収量モニタリング、土壌モニタリング、灌漑システム、魚の養殖、園芸、家畜モニタリング、スマート温室、その他)]、[地域別]。Market Size & Forecast, 2019 - 2026」を発売した。

スマート農業市場 2026年までに14%以上のCAGRで成長予測

同レポートによると、世界のスマート農業市場は、2019年から2026年にかけて14%以上の年平均成長率(CAGR)で成長し、2026年には206億3500万米ドルに達すると予測。この10年間で、農業における持続可能な実践への要求がますます高まっていることから、農業業界は大きな変化を遂げている。

複数の企業が農業における持続可能なソリューションやシステムの開発に取り組んでおり、スマート農業ソリューションの恩恵を受けて、農家は投入物の最適化や農場の組織的な管理によって収穫量を向上させることができるようになっている。これらの要因により、スマート農業ソリューションは様々な用途で急速に普及。その結果、従来の農法に伴うリスクよりも、適切でスマートな農業ソリューションの方が魅力的であることから、この市場は大きな成長が見込まれている。

また、人口の増加に伴い、農作業の自動化への関心が高まっていることも、この市場の成長を後押し。農作業の自動化の必要性は、生産された作物の品質向上、作物生産量の最大化、生産性の向上などの機能によってもたらされる。また、家畜を監視する必要性の高まりや、農薬や肥料の使用量を最小限に抑える必要性も、スマート農業の導入を後押ししている。

スマート農業市場の成長を促進するその他の要因としては、世界的な農業産業の成長、労働力の減少、人件費の高騰などが挙げられるが、スマート農業システムの導入に伴う初期投資コストの高さが、この市場の成長を妨げている可能性がある。新興国からの需要と技術の進歩は、予測期間中にスマート農業市場の成長に多くの機会をもたらすと予想される要因となっている。

2018年のスマート農業市場では、すべての地域の中で北米が最も高い収益シェアを占めた。これは主に米国での市場浸透率の高さによるもので、さらにこの地域では企業による広範な研究開発活動と適切な規制環境の存在に支えられている。精密農業に使用われるさまざまなコンポーネントには、ハードウェア、ソフトウェア、サービスがある。2018年には、農作物の収穫量を増やし、生産性を向上させるために農場で広く使用されているオートメーション&コントロールシステム、センシングデバイス、LEDグロウライト、HVACシステムなどのハードウェアコンポーネントの人気と需要により、ハードウェアコンポーネントセグメントがこの市場で最大のシェアを占めた。

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る