JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ゴーゴーサン
JA全中中央①PC
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

養鶏用ワクチン「バキシテック HVT+IBD」発売 ベーリンガーインゲルハイム2021年9月28日

一覧へ

ベーリンガーインゲルハイムアニマルヘルスジャパンは、伝染性ファブリキウス嚢病(IBD)と、マレック病の2つを1剤で予防できる日本初の養鶏用ワクチン「バキシテック HVT+IBD」を10月から発売する。

「バキシテック HVT+IBD」は、七面鳥ヘルペスウイルス(HVT)のゲノムにIBDウイルスのVP2遺伝子を挿入した、日本初の養鶏用ベクターワクチン。従来のIBD生ワクチンでは、移行抗体の影響を受けやすい、鶏群の免疫レベルがばらつく、飲水投与が煩雑である、などといった課題があった。

新しいベクター技術を用いて開発された「バキシテック HVT+IBD」は、これらの課題を改善し、移行抗体の影響を受けずに確実に効果を発揮。ファブリキウス嚢を委縮させることもない。また、従来のマレック病ワクチンと同じように孵化場で接種でき、早期に免疫を誘起してその抗体が終生持続するため、1回の接種で鶏群を出荷までマレック病とIBDから防御。「バキシテックHVT+IBD」を接種すれば、農場でのIBD生ワクチンの接種は不要になる。

「バキシテック HVT+IBD」は、世界初のHVTベクターワクチンとして、ベーリンガーインゲルハイムが2006年にブラジルで初めて発売。その後、EU諸国、米国、南米諸国、中国など主要な鶏卵肉生産国で発売され、すでに75か国以上で累計1000億羽以上の鶏に接種され、世界でもトップクラスの売上実績がある養鶏用ワクチンとなっている。

「バキシテック HVT+IBD」の成分・含量「バキシテック HVT+IBD」の成分・含量

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る