JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッド:輸出米マッチングフェア2021SP
ベリマークSC:FMC(PC)センター
JA全中中央SP

世界の農機具・灌漑市場 2027年まで年平均成長率4%で成長見込み2021年10月7日

一覧へ

REPORTOCEANは10月5日、世界の農機具・灌漑市場に関する最新レポートを発行。同市場は、2027年までに1213億3000万米ドルに達する見込みで、2021年から2027年の予測期間に4%以上の年平均成長率(CAGR)の成長が見込まれている。

農場の機械化(設備)と灌漑は、世界中で増加する食糧需要を満たすことができる主要な要素。農作物の生産に灌漑や農機具を使うことで、農業投入物を効果的に活用し、土地や労働力の生産性を高めることができる。農業分野への投資の増加、高齢者人口の増加、食品や農業製品の需要の増加、水不足への懸念の高まりなどにより、農機具や灌漑の導入が進んでいる。

水不足の地域では、水の消費量が少なくて済む点滴灌漑が行われいる。例えば、インドでは農務省がバガルコット地区で世界最大の自動化された単一の点滴灌漑プロジェクトを5200万米ドルで建設し、ラムタル・マローラ地区の干ばつに見舞われたフングンドの2万4000ヘクタールに灌漑サービスを提供する予定。オーストラリアでは、農務・水・環境省が3年間で5269万米ドルのパッケージを提供し、農務省は2年間で2976万1000ドル、オーストラリア政府は3年間で4290万4000ドルを受け取る予定。しかし、機器のコストが高いことが、2020~2027年の予測期間における市場の成長を妨げている。また、政府による農業ローン免除やクレジット・ファイナンスなどの支援により、農機具・灌漑の導入・需要が予測期間中の市場成長を促進すると考えられる。

農機具・灌漑の世界市場は、地理的な理由に基づいて、アジア太平洋地域、北米、ヨーロッパ、ラテンアメリカ、その他の地域に分けられる。北米は、最新の農機具や精密農業の導入や認知度の高さから、市場シェアの点で世界の主要地域となっている。一方、アジア太平洋地域は、2020年から2027年の予測期間において、最も高いCAGRを示すと予想されている。可処分所得の増加、人口増加に伴う食料需要の増加などの要因が、アジア太平洋地域の農機具・灌漑市場の成長見通しに強い親和性をもたらす。

同レポートに含まれる主な企業は次の通り。

John Deere
Cnhインダストリアル
マヒンドラ&マヒンドラ
アグコ株式会社
株式会社クボタ
クレス・クガワ
井関商会
Jcb
Sdfグループ
ヤンマー

最新の記事

シンジェンタライブラリー211112:SP

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る