生産緑地特集
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
センターSP:Z-GIS
バイエルクロップサイエンス:PC
ベリマークSC:FMC(SP)センター

GPSトラクターで効率化「スマート農業チャレンジ応援キャンペーン」実施 農業情報設計社2021年10月8日

一覧へ

株式会社農業情報設計社(北海道帯広市)は10月7日、「スマート農業チャレンジ応援キャンペーン」を開始した。

GPSトラクターで効率化「スマート農業チャレンジ応援キャンペーン」実施 農業情報設計社

同キャンペーンは、超高精度なガイダンスを実現するRTK-GNSSレシーバー「AgriBus-GMiniR」を購入すると、世界トップシェアの農業用機械の運転支援アプリ「AgriBus-NAVI」のスタンダードプラン1年分を通常1万2000円のところ、1年間無料で利用できる。

両製品をセットで使うことで、トラクターやコンバイン・自走式スプレーヤーなどの農業機械・農業車両にアプリを搭載。ほ場内の作業を画面表示を確認しながら運転し、ほ場内をまっすぐ・等間隔で農作業を行える。センサーによる進路予測や補正によって測位誤差を最小限に抑えるため、肥料や薬剤の撒きすぎや撒き漏れがひと目でわかり、農作業を大幅に効率化できる。

応募は、キャンペーンサイトから12月23日までの応募期間中に「AgriBus-GMiniR」を購入し、取得したクーポンコードを入力する。

【キャンペーンサイト】

最新の記事

シンジェンタライブラリー211112:SP

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る