人事2024 左バナー 
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCベリマークSC:(SP)センター
日本曹達 231012 PC
FMCプレバソンSP

大玉のような硬肉で強いシャリ感と棚もち性 小玉「いつつぼし」新発売 大和農園2022年10月31日

一覧へ

大和農園はこの秋、大玉スイカのような硬肉で強いシャリ感があり、棚もち性に非常に優れる小玉スイカの新品種「F1いつつぼし」の種子を発売した。

小玉すいかの新品種「いつつぼし」小玉すいかの新品種「いつつぼし」

小玉スイカは、果実品質の特性上、大玉スイカより果肉が軟らかく、棚もち性に劣る点が課題。また栽培面では近年の異常気象の影響で、特に盛夏期でうるみ果や裂果の発生が増加傾向にある。

新品種の「いつつぼし」は、これまでの小玉スイカでは難しかった、大玉のような硬肉で強いシャリ感があり、糖度も13度程度で高く安定。また、在圃性に特に優れるため収穫遅れによる果実品質の低下が少なく、収穫後の棚もち性にも非常に優れ、収穫後の果肉軟化が進みにくい。また、盛夏期においても生育後半までの草勢維持が容易で、安定した青果品質が期待できる。曇天時も雌花着生が安定するため着果能力に優れ、近年の異常気象においても裂果・うるみ果の発生が少なく収量性が安定する。

小玉スイカ「いつつぼし」種子の希望小売価格は、200粒入り9768円、8粒入り550円。全国のJA・種苗店を通じて発売。価格はいずれも税込。問い合わせは、大和農園(電話)0743-62-1182。

「いつつぼし」の栽培適期表「いつつぼし」の栽培適期表

◎「いつつぼし」の品種特性
・肉質は硬くシャリ感が強いため、今までの小玉スイカにない食感を味わえる。
・従来の小玉スイカに比べて棚もちに優れる。
・草勢は比較的強いが雌花着生が安定するため着果に優れる。
・果重は6本5果どり栽培で2~2.5kg程度、糖度は13度前後。
・果形は丸く仕上がり、裂果しにくい。
・適作型は5月上旬~6月中旬のハウス栽培、6月下旬~8中旬のトンネル~露地栽培。

重要な記事

240401・シンジェンタ粒粒マイスター:右上長方形SP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る