人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
FMCセンターPC:ベネビア®OD
FMCセンターSP:ベネビア®OD

農業事業に本格参入 ドローン農薬散布のAvirtech社から事業譲受 テラドローン2023年9月22日

一覧へ

テラドローンは9月21日、インドネシアとマレーシアにおける農業ドローン市場に本格参入するため、子会社のTerra Drone Indonesiaを通じてAvirtech(アヴィールテック)社の事業を買収することを発表。さらに、マレーシアで事業を展開するため新法人Terra Drone Agriを設立し、グローバルで持続可能な農業の実現に向けて、空のインフラ構築を加速させる。

農業事業に本格参入 ドローン農薬散布のAvirtech社から事業譲受 テラドローン

テラドローンは、エアモビリティのハード・ソフト・サービスにおける全方位的な開発とソリューション提供に取り組み、空のインフラ構築を進めている。現状では、測量、点検、運航管理の事業を展開しているが、特に物流と農業の分野でドローンの活用の可能性が急速に拡大していると実感。農業ドローンは、精密な作物管理や高効率な生産手法を実現する上で空のインフラ構築の重要な分野となると考えている。

インドネシアとマレーシアは、パーム油の主要な生産地として知られ、世界における生産の約8割を占めるが、森林伐採や生態系への影響、温室効果ガスの排出など環境への影響が懸念されている。また、労働環境が厳しい上、労働力が不足しているなど、インドネシアとマレーシアのパーム油産業は、深刻な問題を抱えている。

今回、テラドローンが事業譲受したAvirtechは、インドネシアとマレーシアで2017年よりドローンを用いたパーム油農園の農薬散布事業を展開。世界初の高精度の農薬散布を可能にする技術を有し、ドローン農薬散布事業のリーディングカンパニーとしての地位を確立している。これまでに累計20万ヘクタール以上の面積で、1日あたり最大4000回の飛行を実施。高精度の農薬散布により、最大30%のコスト削減を実現し、150機以上のドローン普及の実績がある。

こうした事業を通じて、Avirtechは、パーム油産業の労働力不足の解消や作業員の安全確保、生産性の向上に寄与。今後も、サステナビリティに配慮したパーム油の生産支援などに寄与することが期待されている。

今回、テラドローンはAvirtechから事業を譲受することで、インドネシアとマレーシアで農業事業に参入。具体的な事業遂行については、インドネシアではグループ会社のTerra Drone Indonesiaが、マレーシアでは新しく設立されたTerra Drone Agriが展開する。

テラドローンは今後、インドネシアとマレーシアにおけるドローンを活用した農薬散布事業の拡大を最優先に実施。特に、効率的なパーム油の栽培支援に注力し、持続可能な農業の実現を目指す。

重要な記事

ナガセサンバイオ右上長方形SP 20230619

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る