人事2024 左バナー 
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
240401・ニッソーグリーン マスタピース水和剤SP
FMCプレバソンPC
FMCプレバソンSP

クマハギなど被害対策に 生分解性テープ「土、帰るテープ」新発売 松浦産業2024年4月2日

一覧へ

袋用取っ手の国内トップメーカーの松浦産業(香川県善通寺市)は4月1日、微生物の力で分解される生分解性テープ「土、帰るテープ」を新発売。林業におけるクマ剥ぎ・シカ剥ぎなどの樹木被害対策や農作物の害獣被害対策として活用できる。

山林での「土、帰るテープ」の試用実験山林での「土、帰るテープ」の試用実験

同製品は"自然環境に優しい自社最高のテープをつくる"という開発理念のもと、石油由来でなく100%植物性の生分解樹脂を使用。独自配合したさとうきび由来で作られた生分解性プラスチックPLA(ポリ乳酸、polylactic acid)で作られている。増加する林業や農業の害獣被害とその対策で使われたテープの山林ゴミなどの課題の解決にもつながる。

「クマ剥ぎ」は、ツキノワグマがスギやヒノキなどの樹皮をはいで歯や爪で傷つけたり、幹の内部を食べる樹木被害で、樹齢が長い優良木が対象となることが多く、4~7月の春先から初夏に多く発生。西日本に多いといわれていたが、親子間継承・耕作放棄地の増加による生息域の拡大、個体増や気候変動による食糧不足などで被害は全国的に拡大・増加傾向にある。また、ニホンジカの分布拡大に伴い、食料摂取のための「シカ剥ぎ」も日本各地で問題となっている。

物理的な防除としては、樹木に荷造りテープをらせん状に巻き付ける「テープ巻」が一つの有効な手段。爪や牙・角にテープが絡まることなどでクマやシカが嫌がるが、一方で、経年劣化によってちぎれたり、害獣に剥がされて散乱したテープが山林ゴミとなる環境への影響も懸念される。

新発売の「土、帰るテープ」新発売の「土、帰るテープ」

生分解性プラスチックを素材とした「土、帰るテープ」は、100%生分解のテープの構想開始から約5年をかけ、テープの強度などの品質と環境基準にあわせた配合を試行錯誤して開発された環境配慮型製品。微生物分解性により使用後の環境負荷低減につながる生分解性プラスチックは、機能的には通常のプラスチックと同様に使える。使用後は自然界に存在するバクテリアの働きで、最終的に水と二酸化炭素に分解され自然界へと循環するプラスチックで、廃棄物の回収が不要。プラスチックゴミの発生抑制に繋がる。

同製品は、さとうきび由来の植物性生分解樹脂PLAが主原料。様々なコンパウンドの試作を繰り返し、植物性生分解樹脂の使用率を100%にすることを可能にした。

なお、同製品の開発費捻出のため、新かがわ中小企業応援ファンド等事業が行う令和5年度の助成対象事業に申請し、採択された。

◎「土、帰るテープ」製品概要
価格:1巻2500円(税別)
カラー:白・赤・青の3種
仕様:115mmΦ×50mm 400m巻
素材:生分解性プラスチック
販売先:松浦産業楽天市場店

重要な記事

ヤンマーSP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る