人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
FMCセンターPC:ベネビア®OD
FMCプレバソンSP

「マッスルスーツ」累計出荷台数が3万台を突破 イノフィス2024年5月17日

一覧へ

アシストスーツを開発・販売する、東京理科大学発スタートアップの株式会社イノフィスは、「マッスルスーツ®」のシリーズ累計出荷台数が、4月30日時点で国内外合わせて3万台を突破した。

「マッスルスーツ」累計出荷台数が3万台を突破 イノフィス

「マッスルスーツ®」は、電力を使わず、空気圧で稼働する人工筋肉のはたらきで動作を補助する、装着型アシストスーツ。人を抱え上げるような介助作業、重い物を持ち上げる運搬作業、中腰姿勢を保つ収穫作業など、介護、農業、製造業などの分野を中心に導入が進み、現在では、物流、建設、林業、漁業などの分野へ導入が拡大した。

拡大の背景には、超少子高齢化による労働力不足の深刻化が挙げられ、特に身体的負担の大きい業界では人が集まらず、採用できても定着しにくいという課題が顕在化している。働く人も高齢化が進み、健康的に働き続けることが出来る職場づくりが、喫緊の課題となる中、課題を解決する一つの手段としてアシストスーツを導入する企業が増加。さらに、当初導入前の評価検証(テスト導入)だった企業の本格導入を受け、複数台一括導入ケースが増加したことも起因している。

イノフィスの沿革と製品展開イノフィスの沿革と製品展開

また、2014年の「腰補助用マッスルスーツ」販売開始から、「機能はそのまま、より軽量に、より低価格に」をモットーに、市場やユーザーのニーズから即座に製品化につなげたことも販売数伸長の要因。特に昨年2023年には、シリーズ最強の補助力の外骨格型アシストスーツ「マッスルスーツExo-Power(エクソパワー)」、同社初となるサポータータイプの「マッスルスーツSoft-Light(ソフトライト)」、人工筋肉の技術をサポータータイプに組み込んだ「マッスルスーツSoft-Power(ソフトパワー)」を立て続けに発売。その中でも「マッスルスーツSoft-Power」は、高いアシスト力と衣服のような着心地が評価され、大手企業から官公庁まで、幅広い業種企業に導入が急速に進んでいる。

2020年から本格始動した海外展開でも、アジアとEU諸国への販売網を重点的に開拓し、日本を含む20の国と地域で販売(4月末現在)。同社は今後、さらに海外へ販売網の拡大を予定している。

重要な記事

ヤンマーSP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る