野菜・果物 ニュース詳細

2014.03.26 
「春告げやさい」で被災地の農業を振興一覧へ

 JA全農はキリン(株)の展開する「復興支援 キリン絆プロジェクト」と連携し、被災地の農業振興に取り組んでいるが、その一環として3月22日に宮城県南三陸町の南三陸ホテル観洋で、「春告げやさい関連商品試食会」を開催した。

三陸の新鮮な山の幸と豊かな海の幸がちりばめられた「南三陸キラキラ春告げ丼」 JA南三陸がブランド化をすすめている「春告げやさい」は、東日本大震災で生産額が5分の1に減少する甚大な被害を受けた。これを再興するためにJA南三陸とJA全農がパイプハウスを設置して農家にリースするなど営農再開を支援。商品開発では、キリンの震災復興プログラム「キリン絆プロジェクト」の支援により開発を進めてきている。
 その成果の第一弾として。地元の農産物と水産物を使った「南三陸キラキラ春告げ丼」(=写真右上)などの販売披露会としてこの試食会が開催された。
 この「南三陸キラキラ春告げ丼」は、南三陸さんさん商店街の飲食店などと共同開発した新たな名物で、4月30日までの間、町内11店舗(店ごとにオリジナルの丼になっている)で提供されている。
地域農業振興をけん引する「春告げやさい」 会場では、このほかにも水産会社と共同開発した「春告げ天」や、洋菓子店と共同開発した気仙沼イチゴを春告げやさいのペーストを練り込んだ生地で包み込んだ「春告げロール」なども披露された。
 主催者であるJA南三陸の高橋正組合長はあいさつの中で、「大震災が起こり、瓦礫が農地に広がるのを見て復興をあきらめかけたが、日本全国、世界中から温かい支援をいただき、JAが先頭に立って地域の農業を復興させるために農家の生産意欲をあげようとした。若手農家と話したら『これからもやります』という意思をしめしてくれた。その声を全農宮城県本部に届け支援を要請した。また、キリンからは第一ステージで農機支援、第二ステージで春告げやさいへの支援を賜り感謝している」。
あいさつするJA南三陸の高橋組合長 そして生産者の努力もあり、小売店から好評を得ていると語ったあと、「春告げでつくる新しい地域振興をめざす。これから農地の復旧が本番を迎えても農家が作付けする気になるようにJAが支援する姿を見せる」と決意を語った。
※「キリン絆プロジェクト」とは、キリングループが平成23年度から3年間で約60億円を拠出する東日本大震災からの復興支援プログラム。平成24年度はJAグループと連携して東北3県の被災農家・JAに376台、5億円相当の中古農業機械を提供した。また、今年度は「第ニステージ」と位置づけ、「地域ブランド育成・6次産業化」をテーマにJAグループが主体となり9JA16案件を提案し、全て承認され、合計4億円の支援を受け、地域農業の復興を牽引している。

(写真中)
地域農業振興をけん引する「春告げやさい」

(写真下)
あいさつするJA南三陸の高橋組合長

 

(関連記事)

地元木材で新しい経済循環づくり パルシステム(2013.11.27)

キリン絆プロジェクト 宮城県5JAを支援(2013.10.17)

JAおおふなとに農機を贈呈  キリンの復興応援プロジェクト(2012.12.20)

農機を贈り復興を応援 キリングループが7月6日にJA新いわてで (2012.06.28)

宮城・七ヶ浜の農業再開へ向けて キリンビールが農機15台提供 (2012.05.18)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ