左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

メロン、スイカとも数量5%減 5月の青果物市場2014年7月4日

一覧へ

 農水省は7月2日、全国の主要卸売市場(※)の平成26年5月の青果物卸売市場調査結果を公表した。

【野菜】
 5月の野菜の卸売数量は69万4000tで、前月に比べ3%増えたが、前年同月比では5%減だった。
 全体の卸売価額は1416億円。1kgあたりの卸売価格は204円で前月に比べて2%上昇、前年同月に比べると21%上昇と大きく上昇しており、平年比でも7%高かった。平年比で大きく卸売価格が上がっていたのは、キュウリ29%高、タマネギ43%高、サトイモ73%高など。
 一方、ハクサイ、キャベツ、レタスなどの葉物野菜と、ピーマンが平年に比べて1割ほど安かった。
 ピーマンは数量1万4000tで前年同月並み、価格は285円で同3%上昇していた。

ピーマンの卸売数量及び卸売価格の推移(主要卸売市場)

 

【果実】
 果実の卸売数量は、16万5000tで、前月に比べ6%増えたが、前年同月比では6%減だった。
 全体の卸売価額は588億円。1kgあたりの卸売価格は355円で前月に比べ2%上昇、前年同月比では13%上昇した。このうち、国産は卸売価額447億円で、1kgあたり卸売価格は413円だった。
 品目別では、最盛期を迎えるメロンが卸売数量1万8000tで前年同月比5%減、価格が473円で同15%上昇だった。スイカは数量3万tで同5%減、価格は250円で同12%上昇だった。
 ウメは数量2000tで平年に比べて11%多く、価格は373円と同11%安かった。

メロンの卸売数量及び卸売価格の推移(主要卸売市場)
(※ 主要卸売市場とは、全国の主要都市にある青果物卸売市場81市場(126卸売会社)をさす)

 

(関連記事)

ナス、サトイモが高値 7月後半には平年並に (14.07.03)

北海道産タマネギ1000ha減 冬春野菜の需給(2014.06.12)

国内最大級の植物工場稼働 千葉・柏の葉に(2014.06.09)

自立・安定経営へ懸命 農業法人実態調査(2014.06.09)

(85)「和食」の現実から食料政策を考える(2014.06.06)

最新の記事

ヤンマーSP

注目のテーマ

注目のテーマ

DiSC:SP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る