Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
石原ヘッド:SP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「甘くておいしい」 園児がサクランボ狩り2015年6月22日

一覧へ

長野県JA中野市

 長野県のJA中野市のサクランボ部会と同部会観光部は、毎年市内の保育園児をサクランボ狩りに招待している。今年も高丘保育園の園児22人が、高丘地区でサクランボを栽培している宮沢昇一さん(JAサクランボ部会副部会長)の園地を訪れ、サクランボ狩りを楽しんだ。

サクランボ狩りを楽しむ園児(JA中野市提供) サクランボ園の園主、宮沢さんからサクランボの採り方などを教わり、園児の「いただきます」の声でサクランボ狩りがスタート。
 赤く色づいた旬のサクランボを食べて「甘くておいしい」、「みんな赤いサクランボだよ!」と子供たちは満足した様子だった。
 30分ほどのサクランボ狩りを楽しんだ後、来園できず保育園に残った園児たちのために、お土産としてサクランボ2ケースを贈った。
 今回、園児たちを招待した宮沢さんの園地は10アールの雨よけハウスで、「高砂」「香夏錦」「紅秀峰」「佐藤錦」の4品種を栽培している。今年の作柄は生育・品質ともに例年並みで、いまが収穫のピーク。

(写真)サクランボ狩りを楽しむ園児(JA中野市提供)

最新の記事

ナガセサンバイオSP 2021

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る