野菜・果物 ニュース詳細

2016.08.26 
子どもはトマトが好き タキイ種苗一覧へ

 8月25日に東京都内で行われたタキイ種苗のセミナーでは、同社広報出版部桐野直樹氏による8月31日の野菜の日にちなんだ「2016年度『野菜と家庭菜園に関する調査』」の発表も行われた。これによると、野菜が好きと答えた子どもは6割、大人では9割の回答があった。

調査について発表する桐野氏 調査は2009年から実施しており、桐野氏は「創業180を迎えるタキイ種苗は、野菜に対して強い思いを持っており、そこから調査の実施へと結びついていった」と話した。
 子どもの好きな野菜では、5年連続でトマトが1位となった。次いでジャガイモ、メロンなどの回答が多かった。また野菜が好きと答えた子どもは65.8%で、このうち「大好き」だと答えた人は14.7%だった。
 子どもの野菜の十分な摂取について、十分に食べさせていると答えた人が10.7%、ある程度食べさせている答えた人が51.5%で、計62.1%の人が食べさせていると答えた。
 大人の好きな野菜でもトマトが1位だった。次いでタマネギ、ジャガイモと答えた人が多かった。これについて桐野氏は「タマネギやジャガイモでおいしい品種が増えていることから、ランキングでも上位になったのでは」と指摘した。
 大人で野菜を好きと答えた人は88.3%で、およそ9割が好きなことが分かった。その理由について、「健康によいと思うから」という回答が最も多く、次いで「おいしいから」「栄養があると思うから」と続いた。

◆野菜は「量がたくさん食べられない」

 野菜の摂取状況について、88.8%の人が重視していると答えた。このうち「かなり重視」していると回答した人は37.5%で、年々増加している。その一方で、31.7%の人が野菜の摂取量は不足していると感じていることが分かった。
 野菜が取れていない理由について「量がたくさん食べられない」「野菜を使った料理を食べる機会がない」「たくさん食べる料理方法がわからない」といった回答多かった。
 野菜摂取量が十分でないことについて、93.2%の人が問題だと感じており、このうち53.2%の人が食生活を変えたいと応えている。
 同社では機能性成分を多く含んだ"ファイトリッチ"シリーズを展開しており、野菜の量ではなく、野菜の質を上げることが大事なのではないかと指摘している。
 この機能性野菜についての認知は、年々上昇しており、生活に取り入れたい理由について47.2%の人が「健康に良さそう」、35.5%の人が「効率的に野菜の栄養素を取り入れたい」と答えている。

 この調査は、農業関連従業者を除く、全国の20歳以上の男女に対して行ったもの。
(写真)調査について発表する桐野氏

(関連記事)
・「おしゃれ」な野菜 ロメインレタスの魅力 (上) (下)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ