野菜・果物 ニュース詳細

2016.08.26 
「おしゃれ」な野菜 ロメインレタスの魅力(下) タキイ種苗一覧へ

 タキイ種苗(株)が25日に東京都内で行ったロメインレタス「ロマリア」のセミナーでその魅力について紹介された。現在新規産地化に取り組むJAや生産者が増えているという。

◆厚みがありザクザクしておいしい

 セミナーではキユーピー(株)フードサービス本部の若松美幸氏がロメインレタスの認知の広がりなどについて説明。同社ではロメインレタスをTVCMなどで起用しており、それによりクックパッドなどの検索件数も大幅に上昇していると話した。

ドレッシングと和えて2時間後のレタス(左)とロメインレタス(右)
(写真)ドレッシングと和えて2時間後のレタス(左)とロメインレタス(右)

加熱後の高さの違い
(グラフ)加熱後の高さの違い

 ロメインレタスを使用する魅力として「ボリューム感」があることを取り上げ、ドレッシングと和えても、加熱しても目減りが少ないことを協調した。また葉に凹凸があるため、グリーンリーフと比べるとソースが絡みやすいとも。

ソースと絡めたグリーンリーフ(左)とロメインレタス(右)
(写真)ソースと絡めたグリーンリーフ(左)とロメインレタス(右)
 

※写真はいずれもキユーピー(株)調べ

◆進む新規産地化

(株)サラダクラブのシーザーサラダ ロメインレタスは長野県八ヶ岳や岩手県奥中山など各産地で導入が進んでいる他、北海道のJAとうや湖や和歌山県のJAわかやまで新規産地育成に取り組まれている。石田氏は「特に新しい野菜に取り組んでいこうという意欲的な生産者が取り入れることが多い」と話す。
 業務加工では、(株)サラダクラブのパッケージサラダのシーザーサラダで一部活用されたり、ロイヤルホストの期間限定のサラダに採用されたりしている。
 タキイ種苗は「ロマリア」を通じて、高齢化で収穫後が重たく作業が大変なハクサイ栽培の生産者に対して、同じ葉物で軽いロメインレタスで収穫作業の軽減につなげることができる。また大規模産地などの連作で土壌病害が広がっており、ハクサイやキャベツなどの「アブラナ科」が栽培しにくい産地でもキク科のロメインレタスが喜ばれるのでは、と提案している。
(写真)(株)サラダクラブのシーザーサラダ

・「おしゃれ」な野菜 ロメインレタスの魅力 (上) (下)

(関連記事)
子どもはトマトが好き タキイ種苗 (16.08.26)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ