左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「おしゃれ」な野菜 ロメインレタスの魅力(下) タキイ種苗2016年8月26日

一覧へ

 タキイ種苗(株)が25日に東京都内で行ったロメインレタス「ロマリア」のセミナーでその魅力について紹介された。現在新規産地化に取り組むJAや生産者が増えているという。

◆厚みがありザクザクしておいしい

 セミナーではキユーピー(株)フードサービス本部の若松美幸氏がロメインレタスの認知の広がりなどについて説明。同社ではロメインレタスをTVCMなどで起用しており、それによりクックパッドなどの検索件数も大幅に上昇していると話した。

ドレッシングと和えて2時間後のレタス(左)とロメインレタス(右)
(写真)ドレッシングと和えて2時間後のレタス(左)とロメインレタス(右)

加熱後の高さの違い
(グラフ)加熱後の高さの違い

 ロメインレタスを使用する魅力として「ボリューム感」があることを取り上げ、ドレッシングと和えても、加熱しても目減りが少ないことを協調した。また葉に凹凸があるため、グリーンリーフと比べるとソースが絡みやすいとも。

ソースと絡めたグリーンリーフ(左)とロメインレタス(右)
(写真)ソースと絡めたグリーンリーフ(左)とロメインレタス(右)
 

※写真はいずれもキユーピー(株)調べ

◆進む新規産地化

(株)サラダクラブのシーザーサラダ ロメインレタスは長野県八ヶ岳や岩手県奥中山など各産地で導入が進んでいる他、北海道のJAとうや湖や和歌山県のJAわかやまで新規産地育成に取り組まれている。石田氏は「特に新しい野菜に取り組んでいこうという意欲的な生産者が取り入れることが多い」と話す。
 業務加工では、(株)サラダクラブのパッケージサラダのシーザーサラダで一部活用されたり、ロイヤルホストの期間限定のサラダに採用されたりしている。
 タキイ種苗は「ロマリア」を通じて、高齢化で収穫後が重たく作業が大変なハクサイ栽培の生産者に対して、同じ葉物で軽いロメインレタスで収穫作業の軽減につなげることができる。また大規模産地などの連作で土壌病害が広がっており、ハクサイやキャベツなどの「アブラナ科」が栽培しにくい産地でもキク科のロメインレタスが喜ばれるのでは、と提案している。
(写真)(株)サラダクラブのシーザーサラダ

・「おしゃれ」な野菜 ロメインレタスの魅力 (上) (下)

(関連記事)
子どもはトマトが好き タキイ種苗 (16.08.26)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る