左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドPS:バスタ液剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「おしゃれ」な野菜 ロメインレタスの魅力(上) タキイ種苗2016年8月26日

一覧へ

 タキイ種苗(株)は8月25日に東京都内で、日本で品種改良したロメインレタス「ロマリア」のセミナーなどを行った。ロメインレタスの生産数量はレタス全体のうち1%ほどで、その8割が業務加工として流通しているという。その魅力をキユーピー(株)とともに紹介した。

ロメインレタス レタスはスーパーで見かける玉レタスの他にも種類が豊富で、形態や利用上から大別すると5種類に分類できる。ロメインレタスは「立チシャ」に分類される半結球のレタスで、色が濃く、肉厚でシャキッとした食感、そしてハクサイのような葉の形が特徴。
 さらに下図のように栄養価も高い。

玉レタスとロメインレタスの栄養価

※日本食品標準成分 可食部100gあたり。玉レタスは土耕栽培で結球葉・生。ロメインレタスは葉・生。

 この魅力について、タキイ種苗茨城研究農場の石田了チーフが語った。


◆日本で栽培しやすい「ロマリア」

魅力を語る石田チーフ 同社がロメインレタスを品種改良するに至った点について、石田氏は「アメリカではロメインレタスの需要があるのに、日本ではない」「日本でもこれまでロメインレタスのブームは度々訪れたが定着しない」という疑問を持ったことからだという。定着の難しさについて「需要と共有のバランスが取れていない状況が続いていた」ためだと指摘する。
 そこで同社は(1)需要面:安定した結球性を持たせることで、甘みをもたせる、(2)供給面:日本の気候で栽培がしやすいロメインレタスを目指し品種改良したという。
 こうして生まれたロメインレタス「ロマリア」は、従来品種と比べて、苦味が少なめで味わいがあり、結球がよく中が軟白し甘く、高温期栽培の国内の気候に適したものとして誕生した。
 現在、ロメインレタスはレタス全体のうち1%の生産量で、8割が業務加工として流通している。 タキイ種苗の「2016年度野菜と家庭菜園に関する調査」では、ロメインレタスの認知は42%で、うち20.5%の人は食べたことがあると回答。食べたことのある人の9割が「好き」と答えている。
 ロメインレタスは「おしゃれ」なイメージを持っていると答えた人が最も多く、同社は「野菜からはあまり聞くことがない回答だ」と評価した。このほか、「おいしい」「シーザーサラダにあう」といった回答が多かった。
(写真)ロメインレタス、魅力を語る石田チーフ

・「おしゃれ」な野菜 ロメインレタスの魅力 (上) (下)

(関連記事)
子どもはトマトが好き タキイ種苗 (16.08.26)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る