左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

古い街並みにフィット 山形県川西町が東京・上野で豆の展示会2016年12月5日

一覧へ

 農都交流や農業・農村体験事業などを目的とする山形県川西市の「やまがた里の暮らし推進機構」は、12月2~3日、東京都台東区上野で「豆の展示会」のイベントを行った。古い街並みを残したイベント複合施設「上野桜木あたり」を会場に、豆を中心に取り組んでいるまち興しをPRした。

狭い路地の展示場で豆を味わう人たち狭い路地の展示場で豆を味わう人たち

 「豆の展示会」は今年で2回目。「上野桜木あたり」は、昔の民家や商家をそのまま利用する施設で、古い路地や昔の井戸、畳敷きの座敷などがある。周辺には谷中ビールや玩具店などもある。メイン会場には豆の加工品の販売や、炒り豆、甘納豆、豆のピクルス、紅大豆カレーなどが並び、散歩がてらに訪れる人が珍しい豆や試食品を味わっていた。
 同町のまち興しのコンセプトは「ものをうろうとせず、情報を発信する」。従って、豆の展示のほかに、川西の味を体験できる「ばあちゃんの茶の間」、わら細工体験の「じいちゃんの土間」、「石臼きなこ作り体験」なども儲け、川西のさまざまな魅力をPRした。
同町産業振興課の鈴木玄・6次産業化主査は「人通りの多い駅前でなく、落ち着いた街並みに溶け込んだイベントで、訪れる人に深い印象をもってもらうことができる。これを機会に川西にいってみようと言う人が一人でもふえたら」と期待する。3日間で2000人以上が訪れた。
(写真)狭い路地の展示場で豆を味わう人たち

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る