左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

冬のバラが売れ筋 タキイ 花の調査2017年2月3日

一覧へ

 タキイ種苗(株)はこのほど、東京と大阪のフラワーショップ店員90人に聞いた花の調査をまとめた。

 店員自身が贈られて嬉しい花では、春がスイートピーとチューリップが同率1位、夏はヒマワリ、秋は菊、冬はシクラメンだった。季節感を理由にあげた他、日持ちしたり種類は多かったりと専門的な知識で選定した人もいた。
 1年を通じ、最も売上が多いのは12月(48%)、次いで3月(26%)、5月(11%)と続いた。売上が多くなるのは、忘年会や正月の準備、卒業式や送別会などの行事の他、母の日やクリスマスなどのイベントで使われているからだった。通常の売上と比べ、約1.5~3倍の売上増になるという。
 また、売れ筋の花をみると、春はチューリップ、スイートピー、菊・小菊で、夏はヒマワリ、菊、ユリ。秋は菊、バラ、コスモスで、冬はバラ、シクラメン、ポインセチアなどと続いた。
 バレンタインやホワイトデーの参考にしてほしい。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る