Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

病気に強い野菜苗をつくる! 東北農研が市民講座2018年6月11日

一覧へ

・予防法を伝授

 農研機構東北農業研究センターは7月7日(土)に第20回「市民講座」を開く。今回テーマは「病気に強い野菜の苗をつくる」。講師は同センター上級研究員の今崎伊織氏。

 センターでは、地域の人々に農業研究開発の最新状況などを理解してもらうために、研究者自らが「話し手」として講演に立ち、専門分野の話題を中心に分かりやすく説明する「市民講座」を実施している。年間6回のペースで開かれ、今年で4年目。入場無料で誰もが参加できることに加えて、講演内容も「親しみやすく分かりやすい」との評判で人気がある。

第17回市民講座における満場の会場の様子

 (写真)第17回市民講座における満場の会場の様子

 

 今回の開催内容は次の通り。
○日時:
7月7日、午前9時30分から10時30分まで。
○会場:農研機構東北農業研究センター北辰興農閣研修室(岩手県盛岡市下厨川字赤平4)
○定員:50名(事前申込が必要で応募多数の場合は先着順)。
○申込方法:(E-mail)www-tohoku@naro.affrc.go.jp(電話やFAXでも受付可)。
○申込締切:7月5日まで。
○問い合わせ先:東北農業研究センター企画部産学連携室
○TEL:019-643-3573
○FAX:019-643-3588

 

【今崎講師の話】
 農業には苗半作(なえはんさく)という言葉があることをご存じでしょうか?。野菜の生育の善し悪しの半分くらいは、「苗を育てる時期に決まる」ということを表しています。私たちが病気になることを防ぐため、乳幼児期に予防接種をするように、野菜も苗の時期からの予防が大切です。そこで今回は「病気に強い苗」を育てるため、現在取り組んでいる研究を皆様にいち早くご紹介します!

※今崎氏の「崎」は正式には異体字です。

 

(関連記事)
オオバのシソサビダニとモザイク病「防除マニュアル」公開(18.05.29)
「深植え定植」をテーマに市民講座 東北農研(18.05.17)
【春夏野菜の病害虫防除】密度が低い初期に徹底して叩く(18.05.08)
GW 野菜苗の試食実施 トキタ種苗(17.04.11)
先まで詰まった「わくわくコーン82」 種苗会社が農業をオール提案 カネコ種苗(17.01.18)
出荷ロス減らす新品種 ビオラ「ピエナ」シリーズ(15.01.14)

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る