Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
BASFヘッドSP:プリンスベイト
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

オオバのシソサビダニとモザイク病「防除マニュアル」公開2018年5月29日

一覧へ

 農研機構を中心とする研究グループは,オオバ(青じそ)のウイルス病であるモザイク病と媒介虫シソサビダニの被害を抑える総合防除体系を確立しマニュアルをつくった。5月29日発表した。

 シソサビダニが媒介するシソモザイクウイルスはオオバにモザイク病を引き起こし大きな被害をもたらしている。マニュアルは「防除マニュアル」と「検出マニュアル」の2部構成。
 マニュアルに沿って防除すると、モザイク病の発生を慣行の方法に比べ9割以上抑制でき、防除コストを考えても増益になる。「検出マニュアル」は、肉眼で識別できないウイルスとサビダニの検出技術を紹介している。
 電子版マニュアルはオオバのシソサビダニおよびシソモザイク病「防除マニュアル」からダウンロードできる。

 

(関連記事)
JAの存在示すコミュニティ誌(17.07.12)
イチゴ苗病害虫防除装置を小型化 農研機構(17.12.14)
直播栽培地帯で増加する雑草イネ 農水省 雑草防除対策フォーラム(16.12.16)
輸出相手国の残留農薬基準に対応した防除マニュアル公表 農水省(16.11.02)
最新の土壌病害虫対策を報告 土壌病害虫対策フォーラム(15.12.11)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る