想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

熊本で越冬トマトなど一押し作物を紹介 トキタ種苗2019年2月7日

一覧へ

 トキタ種苗(株)は、熊本市で「シティオープンデー&カンポプローバ in 熊本2019」を1月29日に開催した。

熊本で越冬トマトなど一押し作物を紹介 トキタ種苗

 この催しは、九州の農業・食品関係者にトキタ種苗の品種を紹介し「これから見知っていただく」ことを目的に、開催された。
 今回、出展品種に注目が集まる中、来場者の目を引いたのは、トマトベリーの越冬栽培向け新品種「トマトベリーオペラ」(試験名トマトベリー7728)やサンカラフルコレクションなどの色も形も多様なミニトマト。市場評価も高いカボチャの「くり将軍」「くり将軍ネオ」。真夏でも栽培し出荷できる「台湾小白菜」。全国に広がっている「春のセンバツ」をはじめとしたコマツナ。さらにグストイタリア野菜では「カリフローレ」「カリーノケール」、今年の新品種「メランツァーネ」シリーズのイタリアナスなどだ。
熊本で越冬トマトなど一押し作物を紹介 トキタ種苗 会場には、九州、熊本地域の生産者を中心に250名弱が来場。地元テレビ局の取材も入り、同社の品種や取組みについて熱心に説明を聞いたり質問をしており、同社へのこの地域の期待の大きさを感じた。

 

 

 

(関連記事)
世界初挿し接ぎ式ロボットを販売 サカタのタネ(19.02.01)
輸送中の苗の飛び出し防止画期的トレー発売 タキイ種苗(19.01.17)
GW 野菜苗の試食実施 トキタ種苗(17.04.11)

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る