Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:アクサーFL
JA全中中央①PC
全農ビジネスサポート:センター上:SP

欧米でも人気、ゼラニウムの新シリーズ発売 タキイ種苗2019年2月8日

一覧へ

 タキイ種苗は、春の花壇や鉢植えでも楽しめる丈夫で育てやすい「ゼラニウム」の新シリーズを発表した。

ゼラニウム トゥンバオ タキイ種苗 今回新発売されるのは、3シリーズ。植え付けは3~5月で、3~11月まで楽しめる。
 1.ダークグリーンの葉と花のコントラストが鮮やかで、暑さに強い「ムーンライト」。開花揃いと育成揃いに特に優れ、作りやすく比較的コンパクト。赤花の"トゥンバオ"は、2017 RHS(英国王立園芸協会)ガーデンメリット賞を受賞した。そのほか、珍しいラベンダーカラーの"ヴィオリーノ"やローズ系バイカラーの"ヴィネータ"がある。


(写真)ムーンライトシリーズ「トゥンパオ」



 

ゼラニウム スモーキーアイホワイト タキイ種苗 2.明るいグリーンの葉と大輪の花が次々に咲く「サニーデイ」シリーズ。育成が旺盛で花もちもよく、丈夫で育てやすい。花色が豊富。"スモーキーアイホワイト"は、白い花弁に赤い大きな斑点模様が入る。"スモーキーアイピンク"は印象的なピンクの花弁にローズの大きな斑点が入る。"ベリータ"は鮮やかな赤、"ローラ"は明るいローズの花色。

(写真)サニーディシリーズ「スモーキーアイホワイト」



 

ゼラニウム 「マルカダ」ダークレッド タキイ種苗 3.ハイブリッド品種で暑さに強く、丈夫で作りやすい「マルカダ」シリーズ。1株でこんもりとまとまる。圧倒的な花数で、長期間次々と咲き続ける。咲き終わった花弁が自然に落ちるため、花がら摘みの手間が少なくて済む。"ダークレッド"は鮮やかな赤が印象的な花色。"マジェンタ"は同シリーズでは最も育成が旺盛。"スモーキーアイピンク"は、クールなピンク色で、夏の暑さを和らげてくれるような色目。

(写真)マルカダシリーズ「ダークレッド」

 

(関連記事)
これがハボタン? 正月以外の需要も タキイ種苗(18.12.17)
サンパチェンスの新色ローズピンクを限定発売 サカタのタネ(18.11.22)
真上を向いて咲くヒマワリ登場 タキイ種苗(18.06.15)

最新の記事

ナガセサンバイオSP 2021

JA人事

DiSC:SP

農協時論

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA全農・部長インタビュー:2021年度事業計画

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る