Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

サンパチェンスの新色ローズピンクを限定発売 サカタのタネ2018年11月22日

一覧へ

 (株)サカタのタネは、「サンパチェンス ローズピンク」を2019年の新色として、オンラインショップや通信販売、直営店のガーデンセンター横浜で限定販売する。

サンパチェンス ローズピンク サカタのタネ サンパチェンスは、サカタのタネが育種開発したインパチェンス属の栄養系品種で、10年以上販売が続いているロングセラー商品。真夏の暑さや日差しに負けず、春から秋まで花が咲き続け、日本のみならず全世界で2億ポット以上を販売している。
 サンパチェンスのラインアップはトロピカルカラーが中心だったが、今回、落ち着いた雰囲気の庭や玄関に合わせやすい上品な印象の「サンパチェンス ローズピンク」の発売を決定した。
 「サンパチェンス ローズピンク」は明るいローズピンクの花色が特徴で、既存の「同マジェンダ」や「同さくさくパープル」よりやや薄めの色になっている。発色はもちろん開花性にも優れ、鉢でも花壇でも安定したパフォーマンスを発揮する。
 「サンパチェンス ローズピンク」は、オンラインショップを含む同社通信販売と、直営店のガーデンセンターで取り扱う。通信販売では2018年12月上旬から受注を開始し、翌年4月中旬から順次発送、ガーデンセンター横浜では2019年4月下旬から販売する。販売形態は10.5cmポットで、通信販売では2ポット1組で1000円(税抜)。(ガーデンセンター横浜での販売価格は未定)

 

(関連記事)
トルコギキョウ9品種を新たに追加 サカタのタネ(18.11.02)
エコチュニアに新色が追加 サカタのタネ(18.09.20)
米国に新たな研究施設を開設 サカタのタネ(18.09.14)
ラディッシュの新品種「ニューコメット」発売 タキイ種苗(18.09.14)
真上を向いて咲くヒマワリ登場 タキイ種苗(18.06.15)
ブライトレッドのサンパチェンス新発売(18.04.12)

最新の記事

シンジェンタSP210720-

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る