野菜・果物 ニュース詳細

2018.09.14 
米国に新たな研究施設を開設 サカタのタネ一覧へ

 (株)サカタのタネは2018年9月13日に新たな研究拠点「ウッドランドイノベーションセンター」をアメリカに開設した。同センターでは果菜類の新品種の開発や試作のほか、種子の精選加工などを行う。また、現地時間の13日に完成を記念し、オープニングセレモニーを実施した。

 ウッドランドイノベーションセンターの敷地内には、研究棟、オフィス棟、精選加工施設、生産関連の倉庫、研究用温室などの建物がある。精選加工施設には様々な果菜類の種子の洗浄や乾燥作業に対応した設備のほか、約2300平方㍍の倉庫があり、最先端の種子加工のための設備を揃えている。また、研究温室ではペッパー、トマト、スイカ、メロンなどの果実類を試作する予定。

 

(関連記事)
真上を向いて咲くヒマワリ登場 タキイ種苗(18.06.15)
ブライトレッドのサンパチェンス新発売(18.04.12)
夏秋栽培向き晩成トルコギキョウ3品種を発売 サカタのタネ(17.12.25)

一覧はこちら


このページの先頭へ

このページの先頭へ