Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

米国に新たな研究施設を開設 サカタのタネ2018年9月14日

一覧へ

 (株)サカタのタネは2018年9月13日に新たな研究拠点「ウッドランドイノベーションセンター」をアメリカに開設した。同センターでは果菜類の新品種の開発や試作のほか、種子の精選加工などを行う。また、現地時間の13日に完成を記念し、オープニングセレモニーを実施した。

 ウッドランドイノベーションセンターの敷地内には、研究棟、オフィス棟、精選加工施設、生産関連の倉庫、研究用温室などの建物がある。精選加工施設には様々な果菜類の種子の洗浄や乾燥作業に対応した設備のほか、約2300平方㍍の倉庫があり、最先端の種子加工のための設備を揃えている。また、研究温室ではペッパー、トマト、スイカ、メロンなどの果実類を試作する予定。

 

(関連記事)
真上を向いて咲くヒマワリ登場 タキイ種苗(18.06.15)
ブライトレッドのサンパチェンス新発売(18.04.12)
夏秋栽培向き晩成トルコギキョウ3品種を発売 サカタのタネ(17.12.25)

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る