Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ゴーゴーサン
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

トルコギキョウ9品種を新たに追加 サカタのタネ2018年11月2日

一覧へ

 (株)サカタのタネは2019年向けのトルコギキョウ新品種種子、9品種を2018年11月から販売をはじめた。

 この9品種は既存シリーズの作型を拡充・補強する品種を中心に、栽培しやすく花形の良い品種がそろっている。

レイナ ホワイト(ver.2)、レイナ(2型)ホワイト、ボン・ボヤージュ(2型)シルク サカタのタネ 立体感のある花形で人気の「レイナ」シリーズ主要色の白色には「レイナホワイト(ver.2)」と「レイナ(2型)ホワイト」を追加。「同ホワイト(ver.2)」は2~4月の出荷で問題となる奇形花が発生しにくいことが特徴で、花形のそろいがよく温暖地の1~5月の出荷に向いている。「同(2型)ホワイト」は秋の栽培で花弁数が減りやすい点を改良し、11~12月の出荷に適した花でボリュームのある品種となっている。両品種を使うことでリレー出荷をより容易にすることができる。

ボヤージュ(1型)ブルー、ボヤージュ(2型)ミドリ、ボン・ボヤージュ(2型)ゴールド また、豪華なフリンジが特徴の「ボン・ボヤージュ」シリーズには「ボン・ボヤージュ(2型)シルク」、フリンジ咲きで花形に優れた「ボヤージュ」シリーズに「ボヤージュ(1型)ブルー」「同(2型)ミドリ」「同(2型)ゴールド」の3品種を追加。
 さらに、育てやすくカジュアルな利用に向いた品種を集めたブランド「マキア」に「マキア(2型)ピンク」を追加し、そのほかに白色の充実のため「オーブスノー」「コロンホワイト」の2品種を追加した。

マキア(2型)ピンク、オーブ スノー、コロン ホワイト サカタのタネ ペレット種子の価格は1袋4000~9000円(税抜)で、全国の種苗店やJAルートを通じて販売する。

 

(関連記事)
エコチュニアに新色が追加 サカタのタネ(18.09.20)
米国に新たな研究施設を開設 サカタのタネ(18.09.14)
ブライトレッドのサンパチェンス新発売(18.04.12)
夏秋栽培向き晩成トルコギキョウ3品種を発売 サカタのタネ(17.12.25)
「たねダンゴ」用の花の種子を発売 サカタのタネ(17.11.22)

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る