左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

パインアップル収穫量14%減少 農林水産省2019年8月28日

一覧へ

 農林水産省は8月27日、「平成30年産パインアップルの収穫面積、収穫量及び出荷量(沖縄県)」を公表した。

 調査結果の概要は次のとおり。

 平成30年産の収穫面積は319haで、前年産並みだったが、10a当たり収量が2300kgで、作柄の良かった前年産に比べ380kg(14%)下回った。これは、少雨による茎葉の生育不良や果実肥大の抑制があったことに加え、収穫期の台風による被害が発生したためである。
 このため、収穫量は7340t、出荷量は7160tで、前年産に比べそれぞれ1160t(14%)、1150t(14%)減少した。
 なお、30年産の出荷量を用途別に見ると、生食向けは4780t(67%)、加工向けは2380t(33%)となっている。


(関連記事)
秋冬野菜の収穫量は4%増 農水省調査(19.08.28)
国産野菜をテレビ・ラジオでアピール JA全農(19.08.28)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る