想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

写真を撮るだけで植物や花の名前がわかるアプリが大幅アップデート GreenSnap2020年4月24日

一覧へ

 植物コミュニティアプリ「GreenSnap」を運営するGreenSnap(東京都中央区)は、写真を撮るだけで植物や花の名前がわかる「教えて!カメラ」をアップデート。判別できる植物の種類が約2倍に増え、より使いやすくなった。

GreenSnap

 「GreenSnap」は、30~40代の女性がターゲットで植物に特化したSNSアプリ。人工知能が植物の名前を教えてくれる「教えてカメラ」を搭載し、写真を撮るだけで「〇〇かも!」と植物の写真と名前がいくつか表示される。また、植物写真のタイムライン投稿やアルバム記録、ブログなどの機能を備え、植物好き同士の活発なコミュニティも存在している。
 今回のアップデートでは、花、観葉植物、多肉植物など独自に分析したユーザーのニーズにマッチするよう、人工知能が判定する種類も精度をアップ。判別できる植物の種類も約2倍になった。
 また、珍しい花の名前など、人工知能だけでは確実な回答にたどり着けない場合は、公開することでGreenSnapのユーザーに教えてもらうこともできる。

【GreenSnap】

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る