左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

種まで食べられる小玉すいか 「ピノ・ガール」の出荷スタート2020年5月21日

一覧へ

野菜の品種改良と新品種のタネを販売するナント種苗 (奈良県橿原市)は、タネが小さく、そのまま食べても気にならないマイクロシードの小玉すいか「ピノ・ガール」を届けるクラウドファンディングの第2弾プロジェクト「春の初物で感動をお届け!タネまで食べられる西瓜『ピノ・ガール』」を4月17日に終了。全国の産地で作付けされた「ピノ・ガール」の出荷が始まった。

タネごと食べられる小玉すいか「ピノ・ガール」タネごと食べられる小玉すいか「ピノ・ガール」

「ピノ・ガール」の種子は、従来の小玉すいかの約4分の1サイズで口に入っても、驚くほどタネの存在が分からない。ほとんどのタネは歯に当たることなく食べられる。
、春の初物を届ける第2弾プロジェクトは、延べ192人から支援を集め、目標金額の30万円を大きく上回る162万1000円を達成。旬の春から初夏にかけて、産地の茨城県筑西市と桜川市でトップレベルのすいか農家が作る「ピノ・ガール」を届ける。

4月から5月に収穫される春の初物は、糖度、コク、香りの3拍子に加え、シャリシャリ食感が味わえる。また、同プロジェクト終了と同時に、熊本、群馬、茨城などで作付けされた「ピノ・ガール」が全国のスーパーやデパート、果物店などで出回り始めた。青森、山形など東北でも作付けされており、出荷は7~8月頃まで続くという。

【春の初物で感動をお届け!タネまで食べられる西瓜「ピノ・ガール」第2弾】



新品種「ピノ・ガール」の種子(左)と従来の小玉すいかの種新品種「ピノ・ガール」の種子(左)と従来の小玉すいかの種

最新の記事

ヤンマーSP

注目のテーマ

注目のテーマ

クミアイ化学右カラムSP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る