左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドPS:バスタ液剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

親子向けに日本初のオンラインメロン狩り企画ー茨城県2020年6月2日

一覧へ

茨城県は6月7日、メロン農家と家庭をつなぐ日本初のオンラインイベント「オンラインメロン狩り」を実施する。ライブ配信で鉾田市のメロン畑を巡回し1組2玉のメロンを収穫。生産者が栽培のポイントやメロンの選定方法をレクチャーするほか、質疑応答なども行って交流を深める。

親子向けに日本初のオンラインメロン狩り企画

オンラインメロン狩りは午前と午後の2部制で行う。ともに10組(小学生以下の子どもと保護者、Zoomを利用できる環境が必要)の参加を予定し、参加費は3000円(メロン2玉の代金と送料込み)。収穫体験は、生産者からの説明後に数組が10分毎に入れ替わる形で進行する。

午前の部は、JAほこたメロン部会メロン生産研究部の市村知一前部長が、「イバラキング」を解説。午後の部は、みなみ果樹園芸の米川勝弥代表が、「タカミメロン」について説明する。

メロン狩りは、新型コロナウイルス感染拡大で実施が難しい状況だ。このため、日本一の生産量を誇る茨城県のメロン(平成30年出荷量3万7600t、シェア27%)をPRし家庭で楽しんでもらうため企画した。

申し込み締め切りは6月3日。イベント管理やチケット販売・集客専用ウェブサービス・モバイルアプリ「Peatix」を通じて申し込む。 

【申し込みはこちら】

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る