2022夏季特集:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCトップSP:育苗箱混合剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

品種改良に10年 翡翠のように緑がかった麺「信州ひすいそば」開発2022年8月8日

一覧へ

農林水産業や食品産業の分野で新事業の創出や技術革新をめざす研究に資金を提供している生研支援センターは、その研究成果として開発された、麺が翡翠のように緑がかった「信州ひすいそば」を紹介している。

麺が鮮やかな緑色の信州ひすいそば(長野県農政部提供)麺が鮮やかな緑色の信州ひすいそば(長野県農政部提供)

長野県野菜花き試験場が10年を超える品種改良の末に生み出した「信州ひすいそば」は、そば殻を除いた子実が鮮やかな緑色で、ゆでた麺の色は宝石の翡翠(ひすい)のように緑色であることが特徴。長野県で栽培され、「信州ひすいそば振興協議会」に加盟しているそば店でしか食べられない。

子実の色がより鮮やかな緑色になった長野S11号(長野県農政部提供)子実の色がより鮮やかな緑色になった長野S11号(長野県農政部提供)

これまで、「長野S8号」という第1世代の品種が2013年から栽培され親しまれてきたが、2021年12月に第2世代の「長野S11号」が品種登録。第2世代は背丈が低く倒れにくいため、機械収穫に適して栽培しやすく、麺の色はより鮮やかな緑色を帯び、ブランドそばとしての高級感が高まった。昨年から「信州ひすいそば」の栽培はすべて第2世代の「長野S11号」に切り替わり、まだ生産量は少ないが、長野県は栽培面積の拡大に取り組んでいる。

最新の記事

シンジェンタポータルフェーズ:右上長方形SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る