人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
240401・ニッソーグリーン マスタピース水和剤SP
FMCセンターPC:ベネビア®OD
日本曹達 231012 SP

JAふじ伊豆が協力 廃棄対象の「三島大根」を温泉に活用 箱根小涌園2024年1月26日

一覧へ

箱根最大級の本格日帰り温泉「箱根小涌園 元湯 森の湯」(神奈川県足柄下郡箱根町)は2月1日~29日、JAふじ伊豆の協力を得て、箱根西麓野菜で廃棄対象になった「三島大根」を有効活用したSDGsな変わり湯を開催する。

JAふじ伊豆が協力 廃棄対象の「三島大根」を温泉に活用 箱根小涌園

三島大根は、ブランド野菜「箱根西麓三島野菜」の代表格として知られ、古くは江戸時代から漬物の沢庵用に生産されている伝統的な品種。沢庵を加工する際に、数万本もの大根が一斉にやぐらに干される「大根干し」は富士山を背景にした冬の三島の風物詩として地域の人々に愛されている。

一方で、三島大根が沢庵として使われるのは、まっすぐに形が整い肌が美しい大根だけ。土質で二股わかれになってしまったものや成長しすぎて日焼けしてしまったものは、規格外品として廃棄されてしまう。そこで、元湯 森の湯は、JAふじ伊豆協力を得て、廃棄対象になった大根を一風変わった温泉として有効活用する。

湯面には、約60センチの三島大根がそのまま浮かび、「温泉に大根?」と思わず二度見してしまうユニークさと、目を疑う光景を楽しめる。大根の葉には塩化物や硫化イオンなどが含まれ、入浴効果や保温効果も向上。全身の血行促進や冷え性改善など、冬に嬉しい効果が期待される。

期間中、館内には三島大根の魅力を学べる特設コーナーや、ミニチュア「干し大根のミニやぐら」の展示コーナーなども開設する。

三島の冬の風物詩「大根干し」三島の冬の風物詩「大根干し」

◎季節の変わり湯「三島大根」開催概要
場所:元湯 森の湯 一部露天エリア 陶器風呂
期間:2月1日~2月29日
営業時間:11:00~20:00(最終入館19:30)
入場料:大人1500円/こども(3歳~小学生)1000円(税込)

重要な記事

日本曹達_ナブ乳剤_SP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る