コラム 詳細

コラム:リレー談話室・JAの現場から

【高橋勇・北海道JA浜中町参事】

2017.06.04 
【リレー談話室・JAの現場から】100円乳価一覧へ

◆生産回復の道筋を

【リレー談話室・JAの現場から】100円乳価 日本で一番遅いといわれる桜の花も終わり、草地も緑一面となってきた。半年余り畜舎に閉じ込められていた乳牛たちも放牧地でのんびり草を食んでいる。一方でその乳牛から生産された生乳取引をどのような仕組みにするか、東京では熱い議論が始まった。50年間維持されてきた加工原料乳生産者補給金等暫定措置法が廃止となり、畜産経営安定法に組み込まれることになっている。暫定措置法から恒久法に組み入れられるのだから単純に解釈すればよかったなあということになるはずだが、そうもいかないようだ。
 50年間といえば概ね2世代にもなり、全国で90数パーセントの酪農家がその対象になっているのだから一体どうなるんだと不安になるのも当然である。しかも自分たちで運営している指定団体が中心となり、需給調整や乳業メーカーとの価格交渉など必死になってやってきたという自負もある。
 いずれにしても、来年4月から新たな仕組みで取り引きを開始すべく一連の法改正の作業が始まったと報道されているが、生まれた子牛を搾乳できるまで2年余り育て、日に2回の搾乳を欠かさず行っている酪農家に対し、今まで以上の制度となるよう是非とも関係者の方にお願いしたい。
 先日、4月に出荷した乳代の精算表が届いた。当組合傘下の酪農家に支払われた乳価の平均が1kg当たり100円18銭(補給金込)となった。昨年同期より3円35銭の値上がりとなり、初めて100円を突破した。本州の夏乳価では普通のようだが、当組合では初めてのことである。
 10年前には70円台前半(補給金込)で取り引きされていたことから比較すると30円近くも上がったことになる。今は空前の価格で生産者側としてはいうことがない状態である。しかし、食卓から欠くことができない牛乳でも需要と供給のバランスで価格が決定されており、この先どうなるのかいささか不安に思える。商品となった牛乳、乳製品の小売価格は、確かに当時より値上がりはしているが、原料の値上げがストレートに反映されているとは思えない。物流の中で誰かが、どこかでコストダウンを余儀なくされているのであればそのうちほころびが出るのではないかと感じる。
 生乳は毎日、生ものが液状で大量に生産される。しかも温度管理が命である。その特殊性から関わっている方々が役割をきちんと理解し、滞りなく熟していかなければ大変なことになる。1日たりとも止まることがあってはならないのである。
 バター不足に端を発し、制度改変にまで進んでしまったのは生乳生産量の減少が大きな要因である。全国の生産量の推移をみれば1996年には860万tあったものが20年たった現在は、740万tまで減少してしまった。特に、本州の減退が著しく回復は難しいと言われている。全国的に関係者の方々はいろいろ知恵を絞って生産回復を模索しているが、効果的な対策は今現在でも見出せていないのである。
 追い打ちをかけるように自然災害や猛暑などに見舞われ、残った酪農家は必死の思いで生産確保に日々努力している。100円乳価と言ってもいつまで継続されるのか全く予想がつかない。先が見えれば新たな投資や新規にチャレンジする者がもっと出てくるだろう。農業は地道に細く長く、が大事で決して大きく目立つ産業ではない。政府は競争原理を導入すれば成長産業になると声高くあおっているが、酪農も含め農業は競争ではなく協同なのだ。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ