金融・共済 ニュース詳細

2013.10.07 
江戸時代農村の共済起源など報告 JA共済総研一覧へ

 JA共済総研は10月、「JA共済総合研究」第67号を刊行した。この冊子は、同所が年2回発行している論集だ。4月に同研究所が名称を変えてから初めての刊行で、表紙のデザインをリニューアルした。

「JA共済総合研究」第67号 今号では、5月に新理事長に就任した町田勝弘氏が巻頭提言「食料の安定供給に向けて(雑感)」を執筆したほか、2本の特集と7本の研究報告を掲載。全体で180ページを超え、過去最大のボリュームとなった。
 特集では、三石誠司・宮城大学教授が遺伝子組換え作物について、永木正和・筑波大学名誉教授が地産地消によるコミュニティ経済の発展をテーマに執筆した。
 研究報告は、保険の国際会計基準や自動車共済などで問題になっている共同不法行為など専門的な内容から、オランダの医療制度、韓国での2012年以降の協同組合乱立の背景や法制度、江戸時代の農村でできあがった共済制度の起源、などさまざまな論稿が掲載されている。
 なかでも、共済の起源については、上名栗村(現在の埼玉県飯能市)で行われた百姓株式制度を紹介しながら、日本の戦国時代以降の農村の発展と、過疎やTPPなどに揺れる現代の農村を比較するなど、意欲的な研究となっている。
 『共済総合研究』はJA共済総研ホームページで全ページ無料で公開している。


(関連記事)

JA共済総研が総会 全共連と一体で運営強化(2013.06.19)

JA共済総研新理事長に町田勝弘前事務次官(2013.05.08)

人口減少社会を予測 JA共済総研が機関誌で(2013.04.09)

農協共済総研が一般社団法人に移行(2013.03.22)

農協共済総研が東大で公開講座 12月22から(2012.11.20)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ