金融・共済 ニュース詳細

2013.06.19 
JA共済総研が総会 全共連と一体で運営強化一覧へ

 一般社団法人JA共済総合研究所は6月14日、東京都内で通常総会を開き、平成24年の事業報告・収支決算などを承認した。

 24年度は、農山漁村に住む人々の生活安定と福祉の向上について、共済、保険動向についての各調査研究のほか、教育・広報活動を中心に取り組みんだほか、「相互扶助と農村再生」をテーマに東京大学との共同研究を始め、その成果をもとに公開講座を行った。
 また、JA共済連担当者向けの医療費研修会の受講者がのべ1万人を突破したほか、「巨大自然災害と地域社会の防災・減災」をテーマにセミナーを開くなど、多方面にわたる取り組みを展開した。
 同研究所は4月1日付で一般社団法人に移行し、名称も農協共済総合研究所からJA共済総合研究所へと改称した。25年度はJA共済連との一体的な事業運営のさらなる強化をめざすことにしている。


(関連記事)

JA共済総研新理事長に町田勝弘前事務次官(2013.05.08)

人口減少社会を予測 JA共済総研が機関誌で(2013.04.09)

農協共済総研が一般社団法人に移行(2013.03.22)

農協共済総研が東大で公開講座 12月22から(2012.11.20)

「地震共済保険を国民皆保険に」 農協共済総研が論集第65号を刊行(2012.10.01)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ