農機・資材 ニュース詳細

2016.10.24 
「土壌センサ搭載型可変施肥田植機」で「ロボット大賞」優秀賞受賞 ヰセキ一覧へ

 この田植機は、作土深を超音波センサーで測定し、土壌の肥沃度を電流の電気伝導率で測定する。これを田植え時にリアルタイム検出し、最適な施肥量を自動で調節する。

「土壌センサ搭載型可変施肥田植機」で「ロボット大賞」優秀賞受賞 ヰセキロボット大賞優秀賞を受賞した「土壌センサ搭載型可変施肥田植機」

 「土壌センサー搭載型可変施肥田植機」は、圃場内のバラツキのある土壌の肥沃度に応じ、最適な施肥量を自動制御することで、稲の生育ムラや倒伏を軽減し、無駄な施肥量を抑制することが可能となる。
 また同機は、GPSを搭載しており、測定した圃場の状態や施肥結果を、タブレットの地図上に残し、後年の栽培管理の改善に役立てることができ、従来の「勘と経験の農業」から脱却することが可能となる。
 昨年、16道府県26カ所で行った実証試験(農林水産業におけるロボット技術導入実証事業)において、生育ムラ軽減、倒伏軽減、肥料低減、収穫時の作業ロス低減などの効果を実証した。
 同社開発製造本部 移植技術部の加藤哲氏は、「第7回ロボット大賞優秀賞」受賞に際し、「平成21年より鳥取大学、協力農家、ヰセキ北陸と共同で開発した同機が、優秀賞を受賞したことは名誉に思っている。業界初の同機は、大規模化が進むなかで、省力・低コスト農業につながるものであり、日本農業の発展に寄与していくものと考えている」とコメントした。
(写真)受賞したヰセキ、ロボット大賞優秀賞を受賞した「土壌センサ搭載型可変施肥田植機」

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ