ブックガイド 詳細

井上ひさしと考える日本の農業一覧へ

井上ひさしと考える日本の農業

  • ●著者:井上ひさし 著 山下惣一 編
  • ●発行所:家の光協会
  • ●発行日:2013年7月1日
  • ●定価:本体1400円+税
  • ●電話:03-3266-9029
  • ◎評者:

 井上ひさしの食と農への発言を農民作家の山下惣一氏がまとめた。

 1987年から2008年にかけての井上の発言。とくにガット・ウルグアイ・ラウンド交渉の時代、井上は自由化反対の論陣を張った。
 本書には「世界に影響をもつ大国だからこそ、自分の食べ物ぐらい自給すべきだと思うのである」、「わたしたちが責任を果たさないことでさまざまなツケを次の世代に残しているのです」、「競争原理で企業が暴れ回ったりするほど地球は大きくない」などの言葉が収録されている。
 編者の山下氏は今襲いかかっているTPPを念頭に置きながら「井上さんの手引きで農業と食の問題を改めて考えよう」と呼びかけている。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ